PC版黒い砂漠が快適にプレイ出来るゲーミングPCを解説!グラボ別でフレームレートを紹介

5 min
PC版黒い砂漠が快適にプレイ出来るゲーミングPCを解説!

こんにちは!漆黒のPCゲーマーのえんおうです

今回紹介するのは圧倒的グラフィックとアクション要素の高いMMORPGで人気のPC版黒い砂漠のお勧めのゲーミングPCについて解説していきます

黒い砂漠は様々な画質設定が出来て、最高モードであるウルトラはスクショ専用モードだけあってクオリティーがかなり凄いです

そんな黒い砂漠ですが、当然高画質でプレイするには高性能なゲーミングPCが必要になってきます

またフルHDでプレイするのか、ウルトラワイドモニターでプレイするのか、4Kでプレイするのかによっても要求スペックが変わってきます

フルHD 1920×1080
UWQHD(3440×1440)
4K(3840×2160)

どの程度の画質でどの程度のフレームレートでプレイしたいかで購入するゲーミングPCが変わってきます

フレームレートとは

フレームレートとは1秒間に何個の描写(絵)が映し出されているかの数値です

パラパラ漫画をイメージして貰えれば分かりやすいです

フレームレートはPS4では最大でも60fpsが限界でしたが、PC版では200fps以上出すことが可能です

メロウ
1秒間に60コマと200個までは見える情報量が段違いです

フレームレートが高いとそれだけ動かした際の情報量が多く分かりやすく言うとヌルヌル動くといった感じです

とは言っても初心者の方はどのグラボが搭載したBTOパソコンがどの程度フレームレートが出るのか分からないと思いますので

今回はグラボ別のフレームレートを紹介しつつお勧めのゲーミングPCを紹介するので参考にして下しさい

えんおう
複数のグラボで実際にプレイしました

黒い砂漠のお勧めのゲーミングPCを解説|推奨スペックの紹介や比較

黒い砂漠のお勧めのゲーミングPCを解説|推奨スペックの紹介や比較

黒い砂漠の公式の推奨スペック

  画質 推奨スペック  画質 推奨スペック
OS Windows7//10 64bit
CPU Intel Core i5(3.3GHz以上) Intel Core i7(3.0GHz以上)
メモリ 8GB 16GB
グラフィックボード GTX 660 / GTX 560Ti GTX 960(VRAM3G以上)
SSD/HDD必要容量 28GB 28GB

画質高の推奨スペックはなかなか高いです

しかし黒い砂漠は画質設定の高の上に

  • 超高
  • リマスター
  • ウルトラ

3つの上位版があるので実際はもう少しスペックの高いグラフィックボードが必要になってきます

CPUについて

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2020y04m18d_010707266.jpg

黒い砂漠推奨CPUはIntel Core i7(3.0GHz以上)なのでCore i7-2700Kあたりが推奨CPUですが、これに関してはそこまで格段に高いCPUではありません

CPUスコア
Core i9-9900K1828
Core i7-9700K1586
Core i5-9600K1202
Core i3-9100777
Core i7-2700K799

ドスパラ公式サイトより参考

今回紹介するゲーミングPCは最低でもCore i7-2700Kの1.5倍以上性能の高いCPUなので問題ないです

CPUの性能が低いとグラフィックボードとボトルネックが発生してグラフィックボードの性能を最大限生かせなりますが、その点も問題ありません

えんおう
今回紹介するゲーミングPCはボトルネックの起こらないバランスを選んでいるので安心してください

メモリについて

メモリの画像

黒い砂漠 高 推奨のメモリは16GBです

これに関してはそのまま16GBで大丈夫です

配信などを考えている方は32GBでもいいかもしれませんが、ゲームをプレイするだけなら16GBで大丈夫です

グラフィックボードについて

PCゲームをやるうえで一番重要になるのがグラフィックボードの性能です

黒い砂漠 高 の要求グラボはGTX960です

これ自体は今の時代からすればそこまで高いスペックのグラボではありません

グラフィックボードメモリスコア
RTX2080Ti11GB1270
RTX2080SUPER8GB1084
RTX2070SUPER8GB993
GTX1080Ti11GB909
RTX20808GB898
RTX20708GB871
RTX2060SUPER 6GB837
RTX20606GB747
GTX10808GB715
GTX1070Ti8GB660
GTX1660Ti6GB635
GTX10708GB594
GTX16606GB546
GTX10606GB441
GTX10603GB410
GTX16504GB366
GTX1050Ti2GB261
GTX10502GB231
GTX980Ti6GB566
GTX9804GB422
GTX9704GB352
GTX9602GB234
GTX9502GB202
GTX780Ti3GB376
GTX7803GB328
GTX7702GB271
GTX7602GB204
GTX6904GB441
GTX6802GB247
GTX6702GB220

※PC販売サイトドスパラの数値を参照

しかし先ほども言いましたが、公式の推奨はあくまで画質設定 での話

せっかくプレイするならリマスターあたりでプレイしたいところです

メロウ
ウルトラはスクショ専用モードなので激重で例外です

そこで私自身が複数枚グラフィックボードを所持しているので実際に黒い砂漠をプレイしてフレームレートを計測してみました

  • フルHD(1920×1080)
  • UWQHD(3440×1440)
  • 4K(3840×2440)

それぞれの解像度の画質設定別に調べました

PC版黒い砂漠グラボ別フレームレート

スコア
RTX2080Ti1270
RTX2070SUPER993
GTX1660Ti635
GTX1650366
比較に使用したグラボ

フルHD(1920×1080)各グラボのフレームレート

えんおう
マウスをグラフにあてると詳細が見れます
 低  中 リマスターウルトラ
RTX2080Ti13612511174
RTX2070SUPER102908551
GTX1660Ti95898228
GTX165092794613
快適プレイには60fpsは欲しい

プレイするだけだったらGTX1650で十分ですが、マスター画質で快適にプレイするにはGTX1660Tiクラスが必要です

スクショ専用モード ウルトラに関してはRTX2080Tiだけがまともにプレイ出来そうです

UWQHD(3440×1440)各グラボのフレームレート

 低  中 リマスターウルトラ
RTX2080Ti1001009334
RTX2070SUPER98916731
GTX1660Ti89614027
GTX16507242247

横長のウルトラワイドモニターでのプレイはUIの多いMMORPGでは快適性が増してお勧めですが、要求スペックが跳ね上がります

リマスター画質に関してはGTX1660Tiでは40程度しか出ないので厳しいです

RTX2070SUPERなら60fps以上安定しているのでUWQHDでのリマスター画質でのプレイはかなりハイエンドクラスのグラボが必要になります

4K(3840×2440)の各グラボのフレームレート

 低  中 リマスターウルトラ
RTX2080Ti60605817
RTX2070SUPER60604210
GTX1660Ti6044275
GTX16505026131

4Kモニターでプレイするとなると超ハイエンドRTX2080Tiクラスでないと厳しい印象です

リマスター画質はRTX2080Tiでも60fpsをわずかに切っているので、個人的に4Kで高画質プレイは今後出るグラボに期待といったところです

各ゲームのグラボ別フレームレート

参考程度にその他のゲームのグラボ別のフレームレートを紹介します

FPS,TPSゲーム

※基本的に低品質のフレームレートです(フォートナイトだけ中)

その他のゲームフルHD(1920×1080)

※FF14最高品質、モンハン最高品質、黒い砂漠リマスター品質

もっと詳しく知りたい方はグラボ別のフレームレートの記事を参考にして下さい

以上を参考に黒い砂漠を快適にプレイ出来るBTOパソコンを紹介します

黒い砂漠が快適にプレイ出来るお勧めのBTOパソコンを紹介

GALLERIA XA7C-R70S(RTX2070SUPER搭載)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2020y04m18d_014514582.jpg
CPUCore i7-10700
メモリ16GB
グラフィックボードRTX 2070 SUPER 8GB
SSD/HDD512GB NVMe SSD 

ドスパラのBTOパソコンがモデルチェンジされて新しくなりその中で人気のGALLERIA XA7C-R70S

グラボにRTX2070SUPERを搭載していてフルHD環境では不満が出るゲームは無いでしょう!!

グラボの種類メモリスコア
RTX2080Ti11GB1270
RTX2080SUPER8GB1084
RTX2070SUPER8GB993
RTX20708GB871
RTX2060SUPER 6GB837
GTX1660Ti6GB635

またWQHDやウルトラワイドモニターでも程度快適にプレイも可能です

CPUも最新第10世代のi7 10700を搭載していて8コア16スレッドと全世代より大幅にパワーアップしています

SSDもM.2規格に対応したNVMe SSDなので高速読み込みで快適にプレイ可能です

値段的にもコストパフォーマンスが高くドスパラで売れ筋ランキング1位納得のBTOパソコンです

えんおう

えんおう

迷ったらこれで間違いなし!!

GALLERIA ZA9C-R80T(RTX2080Ti搭載)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2020y04m18d_014514582.jpg
CPUCore i9-10900K
メモリ16GB
グラフィックボードRTX 2080Ti 11GB
SSD/HDD1TB NVMe SSD 

ドスパラのBTOパソコンがモデルチェンジされて新しくなりその中でほぼ最高性能を誇るGALLERIA ZA9C-R80T

Intel最新CPU第10世代のCore i9-10900KにグラボではRTX2080Tiを搭載しているので、ゲームに動画編集などにおいて不満に感じることはないです

ゲームにおいても4K解像度でのプレイはRTX2080Tiがあれば十分に快適プレイ可能です。むしろRTX2080Tiでなければ少し厳しいという印象があるのでゲームおいて一切の妥協をしたくない方にはお勧めです

SSDもM.2規格に対応したNVMe SSDなので高速読み込みで快適にプレイ可能です

1TBと容量も十分あります

例外を除いて現状ほぼ最強スペックですので兎に角性能の高いゲーミングPCを求めている方にお勧めです

えんおう

えんおう

PCゲームで性能不足になることまずないでしょう!!

LEVEL-R040-i7K-TWA(RTX2070SUPER)

CPUCore i7-9700K
メモリ16GB
グラフィックボードRTX2070SUPER
SSD/HDD480GB SSD /2TBHDD

PC工房に販売しているBTOパソコンLEVEL∞(インフィニティ)のLEVEL-R040-i7K-TWA

こちらもRTX2070SUPERにIntelCore i7-9700Kを搭載しているモデルです

その他のゲームにおいても不満が出ることはない性能のBTOパソコンです

2TBのHDDを搭載しているので容量は十分ですが、SSDがM.2規格ではないのでアップグレードでM.2規格のNVMe SSDにすることをお勧めします

NEXTGEAR-MICRO am560SA2

CPURyzen7 3700X
メモリ16GB
グラフィックボードGTX1660Ti
SSD/HDD512GB NVMe SSD 

マウスコンピューターにて販売しているG-TuneシリーズのNEXTGEAR-MICRO am560SA2

特徴としてCPUがAMD製のRyzen3700Xを搭載しています

CPUの性能面に関してですが、Ryzen7 3700XはCore i7-9700よりスレッド数が多くマルチスレッドにおいて遥かに優秀です

シングルスレッドに関してはCore i7-9700の方が高いですが、結局のところGTX1660Tiでゲームをプレイする分にはどちらでも大差はないです

CPU種類コア数スレッド数定格クロック
Core i9-9900K8164.00GHz
(127W)
Core i7-9700K883.60GHz
(95W)
Ryzen7 3700X8163.60GHz
(65W)

※PC販売サイトドスパラの数値を参照

AMD製のCPUのメリットはIntel製より価格が安いのでコストパフォーマンスがいい点です

グラフィックボードはGTX1660Tiを搭載しているのでフルHDの解像度ならどのゲームもほぼ快適にプレイ出来ます

M.2規格のSSDを採用しているので高速読み込みが可能ですが、容量が500GBなので不安な方は1TBにアップグレードするか、HDDを追加することを勧めます

ミドルエンドクラスのGTX1660Tiを使用していて値段を落としたいという方にお勧めのBTOパソコンです

Ryzen7 3700Xは性能が高いので今後グラボをRTX2080TiやRTX2070SUPERに変えてもボトルネックの心配は少ないでしょう

GALLERIA XA7C-G60S(GTX1060SUPER搭載)

CPUCore i7-10700K
メモリ16GB
グラフィックボードGTX1060SUPER
SSD/HDD512GB NVMe SSD 

ドスパラのBTOパソコンがモデルチェンジされて新しくなりました

ガレリアXA7C-G60SはGTX1660SUPERを搭載しておりほとんどのゲームでフルHD(1920×1080)の解像度なら快適にプレイ出来ます

GTX1660SUPERはコスパも素晴らしいグラボですのでお勧めです

 価格(目安)スコアコスパ
RTX2080 Ti118,000円127092.9
RTX2080 SUPER72,000円108466.4
RTX2070 SUPER49,715円99350.0
RTX2060 SUPER44,865円83753.6
GTX1660 Ti26,758円63542.1
GTX1660 SUPPER24,436円62139.3
GTX166021,522円54639.4
GTX1050Ti10,891円26141.7

※コスパの数値は低いほどいい
※コスパの計算(価格/スコア)

CPUのCore i7-10700は8コア16スレッドで前世代のi7-9700より大幅にパワーアップしています

また高速読み込み可能なm.2規格のSSDに1TBのHDDもついてくるので容量にかなり余裕があります

ゲームによっては最高設定ではフレームレートが144fps出なかったりすることはありますが、ほぼすべてのゲームが安定して100fps以上は出ますので、予算を少しでも抑えて不満が出ないラインを狙うのだったらお勧めのゲーミングPCです

えんおう

えんおう

予算15万以下では一番お勧め!!

PC版黒い砂漠お勧めゲーミングPC最後に!

今回は黒い砂漠でのおすすめゲーミングPCを紹介していきました

黒い砂漠はやり込み要素が多く、またグラフィックのクオリティーがかなり高いので、高スペックのゲーミングPCがより生きてきます

RTX2080Tiでも4Kウルトラはまともに動かないので今後のグラボの性能アップに期待が出来る将来性の高いゲームです

皆さんも目的に合ったゲーミングPCを手に入れて楽しいゲームライフを送って下さい!

では

関連記事