【予算15万円】お勧めのゲーミングPCを紹介!ミドルクラスのBTOパソコンでどの程度ゲームがプレイできるか解説

3 min
【予算15万円】お勧めのゲーミングPCを紹介!

こんにちは!漆黒のPCゲーマーのえんおうです

この記事は

  • 予算15万円以内でゲーミングPCが欲しいけどどのBTOパソコンを買っていいか分からないよ~
  • 15万円以内のPCってどのPC程度ゲームが出来るの??

という方に向けた記事です

結論としては15万円あればフルHD(1920×1080)の環境ではほぼ全てのゲームが快適プレイ可能です

というのもPCゲームで大事になってくるのがグラフィックボードの性能になるのですが、15万円クラスに搭載しているグラフィックボードがどの程度の性能か実際に検証しています

ゲーミングPCは決して安い買い物ではなく失敗や後悔はしたくないと思いますので是非参考にして下さい

予算15万以内で購入できるゲーミングパソコンのおすすめを解説

予算15万以内で購入できるゲーミングパソコンのおすすめを解説

予算15万円のゲーミングPCのおすすめを紹介する前にまずは、そのゲーミングPCがどの程度ゲームが出来るか理解した方がより安心して購入できるかと思います

具体的に予算15万円以内で購入できるゲーミングPCに搭載されているグラフィックボードは

  • GTX1660Ti
  • GTX1660SUPER

あたりです

グラボスコア目安の予算
RTX2080Ti127025万~
RTX2080SUPER108419~25万円
RTX2070SUPER99316~20万円
RTX2060SUPER83715~17万円
GTX1660Ti6359~15万円
GTX1660SUPER6219~15万円
GTX16503667万~
BTO販売店ドスパラのスコア参照

CPUの性能やSSDやメモリの容量などで前後するのでざっくりした目安としてとらえて下さい

私自身GTX1660Tiを持っていますので、実際に様々なゲームでフレームレートを計測してみました

えんおう

えんおう

比較としてGTX1650とRTX2070SUPERのフレームレートも掲載していきます

フレームレートとは

フレームレートとは1秒間に何個の描写(絵)が映し出されているかの数値です

パラパラ漫画をイメージして貰えれば分かりやすいです

フレームレートはPS4では最大でも60fpsが限界でしたが、PC版では200fps以上出すことが可能です

メロウ
1秒間に60コマと200個までは見える情報量が段違いです

GTX1660Tiの性能を紹介

設定画質GTX1660TiGTX1650RTX2070
SUPER
モンハン最高画質714190
黒い砂漠リマスター824685
FF14最高8964120
ApexLegends12687190
フォートナイト280270280
虹6269210329
CoD:MW142100182
CoD:WARZONE13379181
PUBG155105180
PUBGライト300300300
60fpsが快適ライン
えんおう

えんおう

FPSゲームはフレームレート優先なので画質設定は基本的に低め!他のゲームはほぼ最高設定で検証しています

GTX1650では少し苦しい感じがありますが、GTX1660TiではFPSゲームでは100以上その他のゲームでは最高設定でも60fpsを軽く超えています

RTX2070SUPERはその上をいっていますが、予算20万は必要になってしまいます

グラボ別やゲーム別のフレームレート検証のもっと詳しい情報は別の記事で解説しているので参考にして下さい

ここから予算15万円以内のおすすめのゲーミングPCを紹介していきます

予算15万円で買えるお勧めゲーミングPC

予算15万円で買えるお勧めゲーミングPC

グラボだけでなくCPUやメモリ、SSDの容量などを比較して安心してプレイ出来るお勧めのゲーミングPCだけを紹介します

FRONTIER GH SERIES FRGHZ490SG1(GTX1660SUPER)

CPUIntel Core i5-10400
グラボGeForce GTX1660SUPER
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500GB NVMe SSD / 2TB HDD

FRONTIERから出ているGTX1660SUPER搭載のBTOパソコンです

CPUに最新第10世代のインテル® Core i5-10400を搭載していてGTX1660SUPERには十分な性能のCPUです

CPU種類コア数スレッド数定格クロック
Core i9-9900K8164.00GHz
Core i7-10700K 8163.80GHz
Core i7-9700K883.60GHz
Ryzen7 3700X8163.60GHz
Core i5-104006122.90GHz

メモリがこのスペックのPCだと大概8GBなのですが16GBあるのでゲームプレイでメモリで重くなる心配は全くないです

また容量も500GBと申し分もなく、電源も850wあるので今後の拡張にも十分対応できるパソコンです

今後の拡張性を求めるならこちらのBTPパソコンがお勧めです

LEVEL-M046-iX4F-RJS(GTX1660SUPER)

CPUCore i5-10400F
グラボGeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500TB NVMe SSD

パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のGTX 1660 SUPER搭載モデルLEVEL-M046-iX4F-RJSです

CPUを最新の第10世代のCore i5-10400Fを採用しており、価格を抑えつつもGTX 1660 SUPERの足枷とならない十分な性能を持ったCPUです

GTX 1660 SUPERのモデルはメモリや容量が小さくなりがちですがメモリが16GB SSDもM.2規格のNVMeSSDを500GBで搭載しているのでPCゲーマにとって必要なスペックを持っています

値段もかなり安くGTX 1660 SUPER搭載モデルの中でかなりお勧めできるBTOパソコンです

G-Tune PM-A-1660S(GTX1660SUPER)

CPUAMD Ryzen™ 7 3700X
グラボGeForce GTX1660SUPER
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD256GB NVMe SSD / 1TB HDD

マウスコンピューターから出ているGTX1660SUPERを搭載したG-Tune PM-B

CPUにAMDのRyzen7 3700Xを採用していて性能が高いのでGTX1660SUPERが生かしきれないということはまずありえません

メモリは16GBあるので十分ですね

SSDの容量が256GBと複数のゲームを入れると少し容量がきつく感じますが、不安なら500GBや1TBにするのもお勧めです。購入時に約5,000円でカスタマイズ出来ます

現状フルHD環境下でゲームをする分にはGTX1660SUPERがあれば十分快適にプレイ出来るので、かなりお勧め出来るBTOパソコンです

G-Tune PM-B(GTX1660SUPER)

CPUインテル® Core™ i7-9700
グラボGeForce GTX1660SUPER
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD/HD256GB NVMe SSD / 1TB HDD

マウスコンピューターから出ているGTX1660SUPERを搭載したG-Tune PM-B

兎に角、価格を抑えたい方にお勧めのモデルです。(本当に安い!!)

安いとは言ってもCPUにIntelCore™ i7-9700を採用していてGTX1660SUPERでのボトルネックの心配はありません

メモリは8GBでGTX1660SUPERでプレイするには十分です

SSDの容量が256GBと複数のゲームを入れると少し容量がきつく感じますが、不安なら500GBにするのもお勧めです。購入時に約5,000円でカスタマイズ出来ます

電源の容量が500Wなので今後RTX3080など高スペックなグラボに変更するには電源が明らかに足りないので、張という意味では少し厳しいです

現状フルHD環境下でゲームをする分にはGTX1660SUPERがあれば十分快適にプレイ出来るので、予算を抑えてPCゲームをプレイしたい方にかなりお勧め出来るBTOパソコンです

予算15万以下のおすすめのゲーミングPC 最後に!

今回は予算15万円以下のおすすめのゲーミングPCを紹介していきました

このクラスのゲーミングPCは決して性能がいいとは言えませんが、特別低いわけではありません

むしろフルHD環境ではほぼすべてのゲームが快適にプレイ出来るので十分とえます

この先の性能を求めるとウルトラワイドモニターや4Kモニターでプレイすることが視野に入ってきますが、それらの環境を集めるのにさらにお金が掛かりますし、FPSゲームに限ってはフルHD以外でプレイするメリットがあまりありません

PCゲームをやるうえでコスパがいいのは予算15万~20万あたりですので是非検討してみて下さい

では!

関連記事