【2020年最新】FF14のお勧めのBTOパソコンを解説|このPCを選べば快適プレイ可能!

8 min

こんにちは!

漆黒のPCゲーマーのえんおうです

今回は人気MMORPGのFF14を快適にプレイ出来るお勧めのBTOパソコンについて紹介します

FF14はPS4とPCがクロスプレイ出来るので移行が簡単で、PS4の友達とも継続して一緒に出来るのでPCに移行しやすいゲームですね

そこでFF14をPCでプレイしたいといっても

  • 4Kの高画質最高設定でプレイをしたい
  • ある程度高画質で快適にプレイしたい
  • 多少画質が悪くてもとりあえずまともに動けば大丈夫

と上を求めればそれだけ高いゲーミングPCが必要になってきます

今回はそれぞれの希望に合わせたおすすめのBTOパソコンを紹介するので参考にして下さい!

個人的な意見ですが、4k画質は桁違いなスペックが必要でコスパが悪いので、高画質で快適にプレイ出来るクラスのゲーミングPCがお勧めです!

とはいってもどのゲーミングPCが快適にFF14をプレイ出来るか分からないかと思いますので、私自身が複数枚のグラボを所有しているので実際に検証してみましたので参考にして下さい

FF14のお勧めのBTOパソコンを解説|推奨スペックの紹介や比較

FF14公式の推奨スペック

 最低動作スペック推奨動作スペック
OSWindows7/8.1/10 64bit
HD,SSD必要容量60GB以上
CPUIntel i5 2.4GHzintel i7 3GHz
メモリ4GB8GB以上
グラフィックボードGeforce GTX750
Radeon R7 260X
Geforce GTX970
Radeon RX480

CPU性能比較表

公式サイトの要求CPUの表記がntel i7 3.0GHzとなっているので、i7-2600あたりががそれに該当します

CPUスコア
Core i9-9900K1828
Core i7-9700K1586
Core i7-8700K1461
Core i5-85001081
Core i3-8100724
Core i7-2700k799

※PC販売サイトドスパラの数値を参照

i7-2600は古すぎて数値が掲載されてなかったので、代わりに1つ上のi7-2700kの数値を掲載しました

FF14の推奨グラフィックボードのBTOパソコンを買えば間違えなくi7-2600以上の性能のCPUがついてくるので自作以外の方は特に気にする必要はありません

えんおう
CPUとグラボの性能差でのボトルネックが出ないBTOパソコンを選んでいるので安心して下さい

メモリについて

メモリの画像

FF14の推奨メモリは8GBです

FF14を推奨するBTOパソコンは大抵メモリが8GB搭載されているので問題はありません

ただ個人的にはメモリは16GBあった方がより安定したゲームを楽しめると思いますので、16GBにアップグレードするのもありです

えんおう
メモリの増設は後からでも簡単に出来るので8GBでも問題ありません

グラフィックボード性能比較表

PCゲームで一番大事になってくるのがグラフィックボードです

推奨スペックのグラフィックボードはGeforce GTX970で、ひと昔前ならそこそこ要求スペックが高いでしたが、今ではそこまで高くありません!

グラボの種類VRAMスコア
RTX309022GB1758
RTX308010GB1662
RTX30708GB1275
RTX2080Ti11GB1270
RTX2080SUPER8GB1084
RTX2070SUPER8GB993
GTX1080Ti11GB909
RTX20808GB898
RTX20708GB871
RTX2060SUPER 6GB837
RTX20606GB747
GTX10808GB715
GTX1070Ti8GB660
GTX1660Ti6GB635
GTX10708GB594
GTX10603GB410
GTX1050Ti2GB261
GTX10502GB231
GTX980Ti6GB566
GTX9804GB422
GTX9704GB352
GTX9602GB234
GTX9502GB202
GTX780Ti3GB376
GTX7803GB328
GTX7702GB271
GTX7602GB204
GTX6904GB441
GTX6802GB247
GTX6702GB220
GTX6602GB159
※PC販売サイトドスパラの数値を参照


FF14ベンチマークテストから見る快適度

FF14はベンチマークを測ることが出来ます

品質設定と解像度設定が出来ます

品質設定

  • 最高品質
  • 高品質
  • 標準品質

解像度設定

  • 3840 x 2160(4k)
  • 3440 x 1440(UWQHD)
  • 2440×1440(WQHD)
  • 1920 x 1080(FHD)
  • 1280 x 720(それ以下もあるが・・)

解像度の指定も出来ます

スコア別快適度

7000~非常に快適 非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
5000~6999とても快適 とても快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても、とても快適に動作すると思われます。
3500~4999快適 快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。
2500~3499やや快適 標準的な動作が見込めます。余裕があればグラフィック設定の調整をお勧めします。
2000~2499普通 標準的な動作が見込めます。
1500~1999設定変更を推奨 ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなりますので、その場合はグラフィック設定の調整をお勧めいたします。
1000~1499設定変更が必要 ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。グラフィック設定の調整が必要で、調整により改善される可能性があります。
1000 未満動作困難 動作に必要な性能を満たしていません。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマークより引用

グラボ別ベンチマークのスコア

各グラボのベンチマークスコアをまとめました

CPUやパソコンの状況により上下するので参考程度に

グラボの種類ベンチマークスコア(FHD)
RTX2080Ti20400
GTX1080Ti17700
RTX208017600
RTX207016634
RTX206016000
GTX108016000
GTX1070Ti15900
GTX1660Ti15300
GTX107015000
GTX106011600
GTX1050Ti7500~8400
GTX10506200
GTX980Ti15445
GTX97010721
GTX9608501
GTX9506986

7000以上が快適なライン

って言いますが、実はこのスコア7000ってフレームレートで見たら30fps程度しか出ていません

フレームレートとは

フレームレートとは1秒間に何個の描写(絵)が映し出されているかの数値です

パラパラ漫画をイメージして貰えれば分かりやすいです

フレームレートはPS4では最大でも60fpsが限界でしたが、PC版では200fps以上出すことが可能です

メロウ
1秒間に60コマと200個までは見える情報量が段違いです

フレームレートが高いとそれだけ動かした際の情報量が多く分かりやすく言うとヌルヌル動くといった感じです

最近のPCゲームは60fps出て快適ということが多くなったので、FF14でも60fpsを狙いたいところです

とは言ってもベンチマークの結果を見てもフレームレートは分からないので私が持っているグラフィックボードで検証してみました

えんおう
フルHD(1920×1080)とUWQHD(3440×1440)と4K(3440×2440)の3つの解像度で検証

FF14フルHD(1920×1080)でグラボ別ベンチマークとフレームレートを測定

FF14グラボ別フレームレート フルHD

標準

RTX2080Ti
180fps
RTX3070
170fps
RTX2070SUPER
168fps
GTX1660Ti
147fps
GTX1650
110fps
高設定
RTX2080Ti
157fps
RTX3070
150fps
RTX2070SUPER
127fps
GTX1660Ti
99fps
GTX1650
72fps
最高設定
RTX2080Ti
151fps
RTX3070
170fps
RTX2070SUPER
120fps
GTX1660Ti
88fps
GTX1650
64fps
標準最高
RTX2080Ti20965(180)18745(157)18708(151)
RTX308017719(170)16988(150)16139(141)
RTX2070SUPER18625(168)15587(127)15318(120)
GTX1660Ti16464(148)13011(99)12177(89)
GTX165014963(110) 10718(72)9553(64) 
ベンチスコア(フレームレート)

フルHDの解像度ならGTX1650で60fps以上出すことが出来るので快適にプレイ可能

しかしFF14しかやらないのであればGTX1650搭載のゲーミングPCが安くてお勧めだが、他のゲームでは結構厳しいことが多いので十分に検討すること

えんおう

えんおう

もう少し下に各ゲームのグラボ別フレームレートも掲載しています

個人的にはフルHDの環境でしかプレイしないとしてもGTX1660Tiクラスがお勧めです

FF14ウルトラワイドUWQHD(3440×1440)でグラボ別ベンチ
マーク測定

3440×1440のウルトラワイドモニターでFF14
えんおう

えんおう

UIの多いFF14は個人的にはウルトラワイドモニターが超お勧め

FF14グラボ別フレームレートUWQHD(3440×1440)

標準

RTX2080Ti
158fps
RTX3070
140fps
RTX2070SUPER
128fps
GTX1660Ti
98fps
GTX1650
65fps
高設定
RTX2080Ti
112fps
RTX3070
101fps
RTX2070SUPER
91fps
GTX1660Ti
62fps
GTX1650
34fps
最高設定
RTX2080Ti
105fps
RTX3070
96fps
RTX2070SUPER
83fps
GTX1660Ti
54fps
GTX1650
30fps
標準最高
RTX2080Ti19332(158)15975(112)15356(105)
RTX307016323(140)13586(101)13249(96)
RTX2070SUPER15917(128)13090(91)12168(83)
GTX1660Ti13244(98)9488(62)8309(54)
GTX16509675(65) 5141(34)4505(30) 
ベンチスコア(フレームレート)

横長のウルトラワイドモニターでのFF14はGTX1660Tiでもプレイ可能だが60fps以上を安定して出したいなら2070SUPERもしくはRTX3070がお勧め

FF14ウルトラワイド4K(3440×2440)でグラボ別ベンチマークとフレームレート測定

FF14グラボ別フレームレート4K (3440×2440)

標準

RTX2080Ti
126fps
RTX2070SUPER
104fps
GTX1660Ti
78fps
GTX1650
41fps
高設定
RTX2080Ti
82fps
RTX2070SUPER
64fps
GTX1660Ti
40fps
GTX1650
19fps
最高設定
RTX2080Ti
72fps
RTX2070SUPER
56fps
GTX1660Ti
34fps
GTX1650
18fps
標準最高
RTX2080Ti17316(126)12364(82)10778(72)
RTX2070SUPER14414(104)9723(64)8454(56)
GTX1660Ti11356(78)6075(40)5157(34)
GTX16506122(41) 2928(19)2770(18) 
ベンチスコア(フレームレート)

4K解像度でのFFはより映像が綺麗でお勧めだが、フルHDの約4倍解像度が高いので要求スペックは上がってしまう

RTX2070SUPERで60fps届かないくらいだが十分プレイは可能

余裕を持つならRTX2080Tiだが、かなり値段が高いので十分に検討しましょう

ここから参考程度にその他のゲームのグラボ別のフレームレートを紹介します

各ゲームのグラボ別フレームレート

FPS,TPSゲーム

他のFPS,TPSグラボ別フレームレート 低設定

Apex Legends

RTX2080Ti
210fps
RTX3070
200fps
RTX2070SUPER
190fps
GTX1660Ti
126fps
GTX1650
87fps
虹6

RTX2080Ti
353fps
RTX3070
329fps
RTX2070SUPER
329fps
GTX1660Ti
269fps
GTX1650
210fps
PUBGライト
RTX2080Ti
300fps
RTX3070
300fps
RTX2070SUPER
300fps
GTX1660Ti
300fps
GTX1650
300fps
フォートナイト
RTX2080Ti
290fps
RTX3070
296fps
RTX2070SUPER
280fps
GTX1660Ti
280fps
GTX1650
205fps
CoD:MW
RTX2080Ti
255fps
RTX2070SUPER
182fps
GTX1660Ti
155fps
GTX1650
100fps
PUBG
RTX2080Ti
240fps
RTX2070SUPER
180fps
GTX1660Ti
155fps
GTX1650
105fps
CoD:WARZONE
RTX2080Ti
188fps
RTX2070SUPER
181fps
GTX1660Ti
133fps
GTX1650
79fps

※基本的に低品質のフレームレートです(フォートナイトだけ中)

その他のゲーム

他のゲームグラボ別フレームレート 低設定

FF14

RTX2080Ti
151fps
RTX3070
141fps
RTX2070SUPER
120fps
GTX1660Ti
89fps
GTX1650
64fps
黒い砂漠
RTX2080Ti
114fps
RTX3070
126fps
RTX2070SUPER
85fps
GTX1660Ti
82fps
GTX1650
46fps
モンハン
RTX2080Ti
134fps
RTX3070
107fps
RTX2070SUPER
104fps
GTX1660Ti
71fps
GTX1650
41fps

※FF14最高品質、モンハン最高品質、黒い砂漠リマスター品質

もっと詳しく知りたい方はグラボ別のフレームレートの記事を参考にして下さい

以上を参考にFF14のお勧めのゲーミングPCを紹介します

FF14を快適にプレイするためのおすすめのゲーミングPCを紹介!!

FF14お勧めBTOパソコン目次
  • FF14がフルHDで快適jに出来て他のゲームもフルHD(1920×1080)ならほぼ不満が出ない→GTX1660SUPER搭載モデル(予算目安11~15万)←お勧め!!
  • FF14が出来れば十分!他は重いゲームは少し厳しいGTX1650SUPER搭載モデル(予算目安~10万)
  • フレームレート100Hz以上安定でWQHDやUQWHDでもプレイ可能!その他のゲームでもかなり快適にプレイ出来る→RTX2070SUPER搭載モデル(予算目安15~20万)←お勧め!!
  • フレームレート100Hz以上安定でWQHDやUQWHDでもプレイ可能!コスパ最強迷ったらこれで間違いなしRTX3070搭載モデル←お勧め!!
  • 予算に余裕があるから超ハイスペックBTOパソコンが欲しい→RTX3080、3090搭載モデル(予算目安20万~)

※クリックorタップでスクロールします

GTX1660SUPER搭載モデル

FRONTIER GH SERIES FRGHZ490SG1(GTX1660SUPER)

CPUIntel Core i5-10400
グラボGeForce GTX1660SUPER
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500GB NVMe SSD / 2TB HDD

FRONTIERから出ているGTX1660SUPER搭載のBTOパソコンです

CPUに最新第10世代のインテル® Core i5-10400を搭載していてGTX1660SUPERには十分な性能のCPUです

CPU種類コア数スレッド数定格クロック
Core i9-9900K8164.00GHz
Core i7-10700K 8163.80GHz
Core i7-9700K883.60GHz
Ryzen7 3700X8163.60GHz
Core i5-104006122.90GHz

メモリがこのスペックのPCだと大概8GBなのですが16GBあるのでゲームプレイでメモリで重くなる心配は全くないです

また容量も500GBと申し分もなく、電源も850wあるので今後の拡張にも十分対応できるパソコンです

今後の拡張性を求めるならこちらのBTPパソコンがお勧めです

G-Tune PM-A-1660S(GTX1660SUPER)

CPUAMD Ryzen™ 7 3700X
グラボGeForce GTX1660SUPER
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD256GB NVMe SSD / 1TB HDD

マウスコンピューターから出ているGTX1660SUPERを搭載したG-Tune PM-B

CPUにAMDのRyzen7 3700Xを採用していて性能が高いのでGTX1660SUPERが生かしきれないということはまずありえません

メモリは16GBあるので十分ですね

SSDの容量が256GBと複数のゲームを入れると少し容量がきつく感じますが、不安なら500GBや1TBにするのもお勧めです。購入時に約5,000円でカスタマイズ出来ます

現状フルHD環境下でゲームをする分にはGTX1660SUPERがあれば十分快適にプレイ出来るので、かなりお勧め出来るBTOパソコンです

G-Tune PM-B(GTX1660SUPER)

CPUインテル® Core™ i7-9700
グラボGeForce GTX1660SUPER
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD/HD256GB NVMe SSD / 1TB HDD

マウスコンピューターから出ているGTX1660SUPERを搭載したG-Tune PM-B

兎に角、価格を抑えたい方にお勧めのモデルです。(本当に安い!!)

安いとは言ってもCPUにIntelCore™ i7-9700を採用していてGTX1660SUPERでのボトルネックの心配はありません

メモリは8GBでGTX1660SUPERでプレイするには十分です

SSDの容量が256GBと複数のゲームを入れると少し容量がきつく感じますが、不安なら500GBにするのもお勧めです。購入時に約5,000円でカスタマイズ出来ます

電源の容量が500Wなので今後RTX3080など高スペックなグラボに変更するには電源が明らかに足りないので、張という意味では少し厳しいです

現状フルHD環境下でゲームをする分にはGTX1660SUPERがあれば十分快適にプレイ出来るので、予算を抑えてPCゲームをプレイしたい方にかなりお勧め出来るBTOパソコンです

LEVEL-M046-iX4F-RJS(GTX1660SUPER)

CPUCore i5-10400F
グラボGeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500TB NVMe SSD

パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のGTX 1660 SUPER搭載モデルLEVEL-M046-iX4F-RJSです

CPUを最新の第10世代のCore i5-10400Fを採用しており、価格を抑えつつもGTX 1660 SUPERの足枷とならない十分な性能を持ったCPUです

GTX 1660 SUPERのモデルはメモリや容量が小さくなりがちですがメモリが16GB SSDもM.2規格のNVMeSSDを500GBで搭載しているのでPCゲーマにとって必要なスペックを持っています

値段もかなり安くGTX 1660 SUPER搭載モデルの中でかなりお勧めできるBTOパソコンです

GTX1650SUPER搭載モデル

LEVEL-M0B4-R53-RVS(GTX1650SUPER)

CPURyzen 5 3600
グラボGeForce GTX 1650 SUPER 4GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD/HD480GB Serial-ATA SSD

パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のGTX 1650 SUPER搭載モデルLEVEL-M0B4-R53-RVSです

個人的にPCゲームをやるのだったら最低ラインはこのあたりかなと思っています。これ以上性能を落とすのはゲームにもよりますが、快適度が大幅に落ちていくのでお勧めはしません

CPUをRyzen 5 3600とGTX 1650 SUPERに見合った性能のCPUを搭載しています

メモリが8GBのSSDがSATAで480GBと問題はないですが、欲を言えばSSDは高速読み込みの出来るM.2規格のNVMeSSDであって欲しかった

兎に角価格を抑えてBTOパソコンが欲しい方にお勧めのPCです

えんおう

えんおう

余裕があるならワンランク上のGTX 1660 SUPER搭載パソコンを買った方がフルHD環境下なら不満が出ません

RTX2070SUPER搭載モデル

G-Tune HN-A(RTX2070SUPER)

CPURyzen7 3700X
グラボGeForce RTX2070SUPER 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD512GB NVMe SSD / 2TB HDD

値段が安く見た目がかっこいいゲーミングPC

マウスコンピューターから出ているRTX2070SUPERを搭載したG-Tune HN-A

CPUにRyzen7 3700Xを搭載していてRyzen7 3700XはCore i7-9700よりスレッド数が多くマルチスレッドにおいて遥かに優秀です

CPU種類コア数スレッド数定格クロック
Core i9-9900K8164.00GHz
(127W)
Core i7-9700K883.60GHz
(95W)
Ryzen7 3700X8163.60GHz
(65W)

今後を見越したうえでも安心できる性能を持っています

またSSD512GB HD2TBと容量もかなり多いです。メモリも16GBとPCゲームをするうえで不便に感じることはまずないでしょう!!

高性能で尚且つコスパいいゲーミングPCなのでお勧めです

G-Tune HL-B(RTX2070SUPER)

CPUインテル® Core™ i7-9700
グラボGeForce RTX2070SUPER 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD256GB NVMe SSD / 2TB HDD

RTX2070SUPER搭載でG-Tune HN-Bよりさらに価格を落としたモデルです

CPUがインテルのCore™ i7-9700とG-Tune HN-Aに搭載されているRyzen7 3700Xよりスレッド数では劣るものの性能としてはほぼ同等程度の性能はあります

ゲームをプレイする分にはRTX2070SUPERの足を引っ張ることはほぼ無いでしょう

SSDの容量が256GBと少し少ないのが気になりますが、ハードディスクが2TBあるので容量の心配はいらなそうです

ただしゲームはSSDに入れた方が読み込みが速いので服風のゲームをメインにする際は512GBあった方が無難です

今後の拡張性を考えるとG-Tune HN-Bの方がお勧めですが、兎に角予算を抑えてハイスペックにゲームをやりたいと考えている方にはG-Tune HL-Bがお勧めです

LEVEL-M0B4-R73X-RWS (RTX2070SUPER)

CPURyzen 7 3700X
グラボGeForce RTX2070SUPER 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500TB NVMe SSD

パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のRTX2070SUPER搭載モデルM0B4-R73X-RWSです

ケースが黒を基調に赤いラインがかっこいいPCです

CPUをRyzen 7 3700Xを採用しており、性能に申し分はなく今後のグラボのグレードアップにもある程度ついていけるCPUです

メモリも16GBSSDもM.2規格のNVMeSSDを480GBで搭載しているので大きな足かせはありません(不安ならSSDを1TBにカスタマイズするといいでしょう)

全体的な性能が高くLEVEL∞のパソコンがかっこいいと思ったならお勧めのBTOパソコンです

LEVEL-M046-iX4F-RWS(RTX2070SUPER)

CPUCore i5-10400F
グラボGeForce RTX2070SUPER 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500TB NVMe SSD

パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のRTX2070SUPER搭載モデルM046-iX4F-RWSです

1つ前のM0B4-R73X-RWSより価格を抑えたモデルです

CPUを最新の第10世代のCore i5-10400Fを採用しており、そのおかけで価格がかなり安くなっています

勿論ゲームをプレイする分にはCore i5-10400Fが大幅に足を引っ張ることはないので安心してプレイ可能です

メモリも16GBSSDもM.2規格のNVMeSSDを500GBで搭載しているので大きな足かせはありません

PCケースのカッコよさや予算を抑えたい方にお勧めのゲーミングPCです

RTX3070搭載モデル

FRONTIER GH SERIES FRGHZ490(RTX3070)

CPUインテル® Core i7-10700K 
グラボGeForce RTX3070 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD1TB NVMe SSD / 2TB HDD

FRONTIERから出ているRTX3070搭載のBTOパソコンです

CPUに最新第10世代のインテル® Core i7-10700Kを搭載しているのでハイスペックです

CPU種類コア数スレッド数定格クロック
Core i9-9900K8164.00GHz
Core i7-10700K 8163.80GHz
Core i7-9700K883.60GHz
Ryzen7 3700X8163.60GHz

またSSDもM.2規格で1TBとかなり容量も大きいので複数のゲームを入れても容量に余裕があります

電源も850Wとかなり余裕のある電源設定なので、高性能なCPUと相まって今後のグラボのグレードアップなどで問題になることはほぼないでしょう

ケースの見た目もカッコよくASUSU製のマザーボードを使用していることもかなり評価できるのでお勧めのBTOパソコンです

FRONTIER GA SERIES GAB450F(RTX3070)

CPURyzen7 3700X 
グラボGeForce RTX3070 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD1TB NVMe SSD / 2TB HDD

FRONTIERから出ているGA SERIESのBTOパソコンです

GHシリーズとの違いはCore i7-10700K からコスパ重視で少し性能を下げたRyzen7 3700Xになっています

CPU種類コア数スレッド数定格クロック
Core i9-9900K8164.00GHz
Core i7-10700K 8163.80GHz
Core i7-9700K883.60GHz
Ryzen7 3700X8163.60GHz

またケースが少しGHシリーズに比べるとイルミネーションなどが減っています

それ以外は大きな違いは無くGHシリーズより大幅に価格が抑えられているので、予算を抑えたい方はお勧めです

またCPUの性能を下げているといってもRyzen7 3700Xはそこそこ性能の高いCPUですのでボトルネックの心配は全くないでしょう

※私が各グラボで検証した際のCPUがRyzen7 3700Xです

LEVEL-R0X6-R73X-TAXH (RTX3070)

CPURyzen 7 3800X
グラボGeForce RTX3070 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500TB NVMe SSD /2TBHD

パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のRTX2080搭載モデルR0X6-R73X-TAXHです

ケースが黒を基調に赤いラインがかっこいいPCです

CPUをRyzen 7 3800Xを採用しており、性能に申し分はなく今後のグラボのグレードアップにもついていけるCPUです

メモリも16GBでSSDもM.2規格のNVMeSSDを500GB+HDが2TB搭載しているので大きな足かせはありません

全体的な性能が高く価格が比較的抑えられていてLEVEL∞のパソコンがかっこいいと思ったならお勧めのBTOパソコンです

LEVEL-R0X6-R73X-TAXH (RTX3070)

CPURyzen 7 3800X
グラボGeForce RTX3070 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500TB NVMe SSD /2TBHD

パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のRTX2080搭載モデルR0X6-R73X-TAXHです

ケースが黒を基調に赤いラインがかっこいいPCです

CPUをRyzen 7 3800Xを採用しており、性能に申し分はなく今後のグラボのグレードアップにもついていけるCPUです

メモリも16GBでSSDもM.2規格のNVMeSSDを500GB+HDが2TB搭載しているので大きな足かせはありません

全体的な性能が高く価格が比較的抑えられていてLEVEL∞のパソコンがかっこいいと思ったならお勧めのBTOパソコンです

LEVEL-R049-iX7K-TAXH (RTX3070)

CPUCore i7-10700K
グラボGeForce RTX3070 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500TB NVMe SSD /2TBHD

パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のRTX2080搭載モデルR049-iX7K-TAXHです

1つ前に紹介したPCのCPUがIntel版で、Intel最新第10世代Core i7-10700Kを搭載しているモデルです

ゲームをするならAMD RyzenよりIntelシリーズの方が相性がいいといわれているので、コスパより安心を取る方にお勧めです(とはいっても今は相性問題はそんなに関係ないですが、、、)

値段自体もRyzen 3800X搭載のR0X6-R73X-TAXHよりそこまで変わるわけではないのでIntelのCPUがいいよ~って方はこちらがお勧め! 

RTX3080,RTX3090搭載モデル

FRONTIER GH SERIES FRGH470/38(RTX3080)

CPUインテル® Core i9-10900
グラボGeForce RTX3080 10GB
メモリ32GB DDR4 SDRAM
SSD/HD1TB NVMe SSD / 2TB HDD

FRONTIERから出ているRTX3080を搭載したBTOパソコンです

CPUには第10世代のCore i9-10900で10コア20スレッドのハイスペックCPUです

さらにメモリが32GBと十分すぎで電源は1000wを積んでいるので全く問題はありません

値段こそ高いですが、ゲームにおいて不便を感じることはなく、配信などを予定している方にはお勧めのPCです

GALLERIA ZA9C-R38 (RTX3080)

CPUCore i9-10850K
メモリ16GB
グラフィックボードRTX 308010GB
SSD/HDD1TB NVMe SSD 

最新グラボRTX3080を搭載したBTOパソコンGALLERIA ZA9C-R38

RTX3080はRTX2080Tiより性能が高いのに価格が抑えられているという今一番注目されているグラフィックボードです

グラボの性能比較


RTX3090
1758
RTX3080
1647
RTX2080Ti
1270
RTX2080SUPER
1084
RTX2070SUPER
993
RTX2060SUPER
837
GTX1660SUPER
621
GTX1650
366

BTOメーカードスパラのデータを参照

価格(目安)
RTX30809~12万
RTX2080Ti13~15万
RTX2070SUPER5~6万

Intel最新CPU第10世代のCore i9-Core i9-10850Kとボトルネックの心配はないです

ゲームにおいても4K解像度でのプレイはRTX3080があれば十分に快適プレイ可能です。

ゲームおいて一切の妥協をしたくない方にはお勧めです

SSDもM.2規格に対応したNVMe SSDなので高速読み込みで快適にプレイ可能です

1TBと容量も十分あります

RTX3080より性能の高いRTX3090がありますが、こちらは性能がRTX3080より10%性能が高いが値段約20万円とかなりコスパが悪いので現状RTX3080がコスパにおいてお勧めです

RTX3080があれば現状のゲームで困ることはまずないのでお勧めのBTOパソコンです

えんおう

えんおう

PCゲームで性能不足になることまずないでしょう!!

FRONTIER GH SERIES FRGBZ490C/39(RTX3090)

CPUインテル® Core i9-10900KF 
グラボGeForce RTX3090 24GB
メモリ32GB DDR4 SDRAM
SSD/HD1TB NVMe SSD / 2TB HDD

FRONTIERから出ているRTX3090を搭載したBTOパソコンです

CPUには第10世代のCore i9-10900KFを搭載していて現状グラボ、CPU共に例外を除いて最強スペックです

個人的にこれを買うのはロマンだと思っているので、現状の超スペックが欲しい方は検討してみて下さい!

価格(目安)
RTX309019~23万
RTX30809~12万
RTX2080Ti13~15万(値下がり中)
RTX2070SUPER5~6万

FF14を快適にプレイするためのおすすめのゲーミングPC 最後に!

FF14は新型コンテンツが追加と日々アップデートが繰り返されていて、リリースから5年たった今でも人気は衰えていません

PS4でもFF14はプレイできますが、やはりPCでプレイした方が圧倒的にクオリティが高くて面白いです

あなたも是非ゲーミングPCを手に入れて楽しいFF14ライフを送って下さい

では!

関連記事