【予算10万円以下】お勧めのゲーミングPCを紹介!低価格帯のBTOパソコンでどの程度ゲームが出来るか解説

5 min
【予算10万円以下】お勧めのゲーミングPCを紹介!

こんにちは!漆黒のPCゲーマーのえんおうです

この記事は

  • 予算10万円以内でゲーミングPCが欲しいけどどのBTOパソコンを買っていいか分からないよ~
  • 10万円以内のPCってどのPC程度ゲームが出来るの??

という方に向けた記事です

結論としては10万円あれば十分快適にPCゲームが楽しめます

とはいっても10万円以内で買えるゲーミングPCに入っているグラフィックボードがどの程度の実力があるかなど、わからないかと思います

なので今回は実際に私がゲームをプレイして検証したので是非参考にしてみて下さい

予算10万以内で購入できるゲーミングパソコンのおすすめを解説

予算10万以内で購入できるゲーミングパソコンのおすすめを解説

ゲーミングPCを買ううえで予算10万円は決して高性能なパソコンが買えるわけではありません

しかし最近のグラフィックボードは性能が高く価格も抑えられているので10万円以内でも十分PCゲームを楽しむことが出来ます

具体的に予算10万円以内で購入できるゲーミングPCでお勧めなグラフィックボードは

  • GTX1660Ti
  • GTX1660SUPER
  • GTX1650

あたりです

グラボスコア目安の予算
RTX2080Ti127025万~
RTX2080SUPER108419~25万円
RTX2070SUPER99317~20万円
RTX2060SUPER83714~17万円
GTX1660Ti6359~14万円
GTX1660SUPER6219~14万円
GTX16503667万~
BTO販売店ドスパラのスコア参照

CPUの性能やSSDやメモリの容量などで値段が前後するのでざっくりした目安としてとらえて下さい

そこで気になるのがGTX1660TiやGTX1650でどの程度PCゲームが出来るか?だと思います

私自身GTX1660TiとGTX1650持っていますので、実際に様々なゲームでフレームレートを計測してみました

フレームレートとは

フレームレートとは1秒間に何個の描写(絵)が映し出されているかの数値です

パラパラ漫画をイメージして貰えれば分かりやすいです

フレームレートはPS4では最大でも60fpsが限界でしたが、PC版では200fps以上出すことが可能です

メロウ
1秒間に60コマと200個までは見える情報量が段違いです

GTX1660Ti、GTX1650の性能を紹介

設定画質GTX1660TiGTX1650
モンハン最高画質7141
黒い砂漠リマスター8246
FF14最高8964
ApexLegends12687
フォートナイト280270
レインボーシックスシージ269210
CoD:MW142100
CoD:WARZONE13379
PUBG155105
PUBGライト300300
60fpsが快適ライン
えんおう

えんおう

FPSゲームはフレームレート優先なので画質設定は基本的に低め!他のゲームはほぼ最高設定で検証しています

GTX1650はゲームによっては設定を下げる必要があります

GTX1660TiはフルHD(1920×1080)の解像度ならほぼ快適にプレイ可能です

グラボ別やゲーム別のフレームレート検証のもっと詳しい情報は別の記事で解説しているので参考にして下さい

ここから予算10万円以内のおすすめのゲーミングPCを紹介していきます

予算10万円で買えるお勧めゲーミングPC

予算10万円で買えるお勧めゲーミングPC

グラボだけでなくCPUやメモリ、SSDの容量などを比較して安心してプレイ出来るお勧めのゲーミングPCだけを紹介します

GALLERIA RT5 (GTX1660SUPER搭載)

CPURyzen5 3500
メモリ16GB
グラフィックボードGTX1660SUPER 6GB
SSD/HDD256GB NVMe SSD / 1TB HDD


ドスパラにて販売しているグラフィックボードGTX1660SUPERを搭載したBTOパソコン ガレリアRT5

CPUにAMD製Ryzen5 3500を搭載していて6コア6スレッドで3.6GhzとIntel i5 9400にと同等か以上の性能があります

グラフィックボードもGTX1660SUPERとルHD(1920×1080)の解像度ならほとんどのゲームがフレームレート60fps以上出すことが出来るので快適にプレイ可能です

そして嬉しいことにメモリに関して普通この価格帯だと4GBまたは8GBが主流ですが、ガレリアRT5は16GBを搭載しているので重いゲームをプレイしてもメモリーオーバーの心配はありません

モンハンや黒い砂漠などは推奨スペックのメモリ必要量が16GBなのでガレリアRTで安心

SSDもM.2規格に対応したNVMe SSDなので高速読み込みが出来て快適です

容量に関しも1TBのハードディスクがあるので動画の保存や写真の保存に困ることはありません

ドスパラで人気の高いのBTOパソコンなのでお勧めです

ガレリアRH5(GTX1650搭載)

CPURyzen5 3500
メモリ8GB
グラフィックボードGTX1650
SSD/HDD256GB SSD 

ドスパラから販売しているBTOパソコンガレリアRH5

CPUがRyzen5 3500でグラフィックボードがGTX1650を搭載しています

今ではローエンドのグラフィックボードになりますが、フルHD環境なら設定を下げることでで十分に快適にプレイ可能です

また高速読み込みが可能なM.2 NVMe SSDなのでより快適にプレイ出来ます

しかし256GBだけだと少し容量が少なく不安なので動画などを保存する予定の方は1TBのHDDを追加するといいでしょう

複数のゲームをプレイする方はSSDの容量を上げる方がいいです

価格が10万円を大きく下回っているので、予算を抑えてPCゲームをプレイしたい方にお勧めのBTOパソコンです

えんおう
正直これ以上性能を下げるのはお勧めしません

LEVEL-M0B4-R53-RXS

CPURyzen5 3600
メモリ8GB
グラフィックボードGTX 1660Ti
SSD/HDD240GB SSD 

PC工房に販売しているBTOパソコンLEVEL∞(インフィニティ)のLEVEL-M0B4-R53-RXS

こちらはグラフィックボードにGTX1660Tiを搭載しています

僅かながらGTX1660SUPERより性能が高く、フルHD環境ならどのゲームもほぼ快適にプレイ可能です

メモリが8GBとゲームをプレイするには十分です

また容量関係もSSDを搭載していて高速読み込みが可能ですが、もっと速く読み込みたいならM.2規格に対応したNVMe SSDにアップグレードすることを勧めます

LEVEL-M0B6-i5F-RX

CPUCore i5-9400F
メモリ8GB
グラフィックボードGTX1660Ti
SSD/HDD1TBHDD

PC工房に販売しているBTOパソコンLEVEL∞(インフィニティ)のLEVEL-M0B6-i5F-RX

こちらもグラフィックボードにGTX1660Tiを搭載しています

僅かながらGTX1660SUPERより性能が高く、フルHD環境ならどのゲームもほぼ快適にプレイ可能です

メモリが8GBとゲームをプレイするには十分ですが、余裕があったら16GBにアップグレード推奨です

また容量関係もHDDしかないので余裕があったらM.2規格のSSDに変更するといいでしょう

G-Tune PL-B

CPUCore i5-9400
メモリ8GB
グラフィックボードGTX1650
SSD/HDD256GB NVMe SSD / 

マウスコンピューターが販売しているBTOパソコン

価格がかなり抑えられており、GTX1650を搭載していて

今ではローエンドのグラフィックボードにになりますが、フルHD環境なら設定を下げることでで十分に快適にプレイ可能です

また高速読み込みが可能なM.2 NVMe SSDなのでより快適にプレイ出来ます

価格が安くそれでいてゲームをプレイする上で必要なものが揃っているBTOパソコンなのでお勧めです

予算10万円以内お勧めのゲーミングPC 最後に

【予算10万円以下】お勧めのゲーミングPCを紹介!

今回は予算10万円以内のお勧めゲーミングPCについて紹介してきました

ゲーミングPCはお金を掛ければより性能が上がることは間違いありませんが、10万円以内のゲーミングPCでも今ならそこそこ快適にPCゲームが可能です

もちろん設定を下げたりする必要はあるので、妥協すれば!ということにはなってしまいますが、PCゲーム入門にはかなり最適化と思います

PCゲームはBTOパソコン以外にもマウスやキーボード、ヘッドセット言ったゲーミングデバイスにもお金が掛かる物です

[kanren id=”15112″]

なので余ったお金は是非あなたに合ったゲーミングデバイスを見つけてほしいと思います

では!

関連記事