グラボGeForce GTX 1660Tiの性能を各ゲームで検証!コスパが良くかなりお勧め

14 min

こんにちは!漆黒のPCゲーマーのえんおうです

ゲーミングPCを買うにあたって一番悩むのがグラフィックボード

グラフィックボードがゲームの快適さを左右するといっても過言ではないので慎重に選びたいところですね

そこで必ずといっていいほど候補に挙がるのが

  • GeForce GTX 1660 Ti
  • GTX 1660SUPPER
  • RTX2070SUPER

あたりかと思います

メロウ
コスパがいい
 価格(目安)スコアコスパ
RTX2080 Ti118,000円127092.9
RTX2080 SUPER72,000円108466.4
RTX2070 SUPER49,715円99350.0
RTX2060 SUPER44,865円83753.6
GTX1660 Ti26,758円63542.1
GTX1660 SUPPER24,436円62139.3
GTX166021,522円54639.4
GTX1050Ti10,891円26141.7
※コスパの数値は低いほどいい
※コスパの計算(価格/スコア)

えんおう
表を見てもGTX1660 シリーズのコスパの良さが際立っていますね

しかしいくらコスパが良くてもゲームの快適性が低いようでは買う意味はないですよね

そこでGTX1660 Tiがどの程度の実力なのか実際に買って調べてみました

私は普段ガレリアZZのRTX2080Tiという例外を除いて実質最高性能のグラボを使っているので、GTX 1660 Tiがどの程度 快適か比べていきます

なので今回はGeForce GTX 1660 Tiの各ゲームでのフレームレートは勿論ですが、実際にプレイしてどのような感じなのか実体験を入れて解説していきます

目次

GeForce GTX 1660 Tiの性能を各ゲームのフレームレートで検証(4K,WQHD,FHD)

今回検証に使ったパソコンの性能は以下の通りです

CPUAMD Ryzen 7 3700X
メモリ16GB Corsair CMK16GX4M2A2666C16
SSD500GB SAMSUNG 970EVO Plus
グラボGeForce GTX 1660 Ti Palit
電源ANTEC NE750 GOLD
マザーボードASRock B450M Steel Legend
ケースENERMAX CoreIcer CI30 M0BB

えんおう
全部で10万円切るくらいの値段でした

黒い砂漠 PC版:GeForce GTX 1660 Tiでフレームレートを検証(4K,UWQHD,FHD)

黒い砂漠は戦闘から貿易、釣り、ペットまでとにかくやり込み要素が凄く自由度が高いMMORPGで人気があります

このゲームはかなり重い部類のゲームで特に最高設定のウルトラモードはRTX2080TIでも60前後が精一杯だったりします

しかし画質の設定は

  • Very Low
  • Low
  • Middle
  • High
  • Very High
  • リマスター
  • ウルトラ

とかなり多くの種類のグラフィック設定が出来るので設定を下げることで快適にプレイすることが出来ます

Very Low

Middle

High

Very High

リマスター

ウルトラ

黒い砂漠FHD(1920×1080)のフレームレート

[visualizer id=”17550″]

 フレームレート平均
Very Low90~101 fps95
Middle86~97 fps91
High83~95 fps89
Very High82~91 fps87
リマスター75~89 fps82
ウルトラ23~33 fps28

流石黒い砂漠GTX 1660 Tiだと低設定でも100fpsをギリギリ超える感じです

Very High,リマスターでも60FPS以上をキープ出来ているのでFHD(1980×1080)の環境だとかなり快適にプレイすることが出来ます

リマスターから画質のクオリティーがかなり凄くなるので、そこで60FPSをキープできるのは素晴らしいです

黒い砂漠UWQHD(3440×1440)のフレームレート

[visualizer id=”17556″]

 フレームレート平均
Very Low86~92 fps89
Middle64~72 fps68
High57~65 fps61
Very High56~65 fps61
リマスター38~42 fps40
ウルトラ5~10 fps7

UIが多いMMORPGでは横長のウルトラワイドモニターは相性が良く快適性が高いです

しかし黒い砂漠においてGTX 1660 TiだとHigh,Very Highあたりで60FPSを下回り始めてリマスターでは40FPS程度しか出ないので快適とはいいがたいです

UWQHD(3440×1440)で快適にプレイするなら設定を下げざるえません

えんおう
ちょっと厳しい印象

黒い砂漠4K(3840×2160)のフレームレート

 フレームレート平均
Very Low60 fps60
Middle40~58 fps49
High39~48 fps44
Very High39~44 fps42
リマスター25~29 fps27
ウルトラ5 fps5
えんおう
4K解像度だとVery Lowなら60FPSで安定しますが、Very Lowなんですよね~・・・

Very Highあたりでもプレイ自体は出来ますが、快適かと聞かれると少しカクツキがあって、アクション要素の強い黒い砂漠だと少しやり辛いです

GTX 1660 Tiで黒い砂漠をプレイ まとめと各グラボでのフレームレートの比較

GTX 1660 Tiの性能だとFHD(1920×1080)ならリマスターを60FPS以上でプレイ出来るのでかなり快適です

UWHDや4Kでプレイしたい方はRTX 2070SUPPERやRTX2080tiを検討した方がいいでしょう

黒い砂漠:各グラボでのフレームレート

黒い砂漠リマスター品質グラボ別フレームレート

フルHD

RTX2080Ti
111fps
RTX2070SUPER
85fps
GTX1660Ti
82fps
GTX1650
46fps
ウルトラワイド
RTX2080Ti
93fps
RTX2070SUPER
67fps
GTX1660Ti
40fps
GTX1650
24fps
4K
RTX2080Ti
58fps
RTX2070SUPER
42fps
GTX1660Ti
27fps
GTX1650
13fps
黒い砂漠まとめ
  • ウルトラワイドモニターで快適プレイするならRTX2070SUPER以上
  • 4Kで快適プレイはRTX2080Ti以上
  • フルHDで快適プレイするならRTX1660Ti以上

FF14(FINAL FANTASY XIV):GeForce GTX 1660 Tiでベンチマークとフレームレートを検証(4K,UWQHD,FHD)

FFのオンラインゲームで大人気のFF14

数少ないPS4とPCが共有サーバーのゲームでアカウントを共有することが出来るので、PS4でやり込んでいたプレイヤーにもPCに移行しやすいゲームです

PC版でプレイすると画質やフレームレートの向上を図れるので快適性がアップします

今回はFF14のベンチマークソフトを用いて

  • フルHD 1920×1080
  • ウルトラワイド(UWQHD)3840×1440
  • 4K 3440×2160


のスコアとフレームレートを検証しています

ベンチマークのスコア目安
FF14公式サイトより引用

FF14 FHD(1920×1080)のフレームレート

 ベンチマークスコアフレームレート(平均)
標準16464 非常に快適148 fps
高品質13011 非常に快適99 fps
最高品質12177 非常に快適89 fps

一番重い最高品質でも非常に快適動作可能でフレームレートも平均89fpsと60fpsまでしか出ないPS4より遥かに性能が高く快適にプレイ可能です

設定を下げれば100fps以上安定して出せるのでリフレッシュレート144hzのモニターを最大限生かすこと出来ます

えんおう
フルHDモニターで不満が出ることはまずないでしょう

FF14 UWQHD(3440×1440)のフレームレート

 ベンチマークスコアフレームレート(平均)
標準13244 非常に快適98 fps
高品質9488 非常に快適62 fps
最高品質8309 非常に快適54 fps

UIが多いff14では横長のウルトラワイドモニター(3440×1440)は相性が良く快適性が高いです

最高設定だと60fpsを下回ってしまいますが、FF14はシューティングゲームほどフレームレートが重要ではないので

60fpsを切ったからといってそこまで劇的に不利になるわけではないです

ただし60fpsと144fpsの見え方の違いは、実際に体感すれば違いが分かるほどコマ数(ヌルヌル度)が違います

それを体感したい方はフルHDでプレイするかグラボの性能をもっと高いものにしましょう

FF14 4K(3840×2160)のフレームレート

 ベンチマークスコアフレームレート(平均)
標準16464 非常に快適78 fps
高品質13011 とても快適40 fps
最高品質12077 とても快適34 fps

4K解像度だと標準設定なら80fps程度フレームレートが出ていますが、高品質では40fps程度しか出ていません

とても快適とはなっていますが、個人的には無しかなと思います

えんおう
4Kでプレイしたいならもう少しグラボの性能を上げた方がいいです

GTX 1660 TiでFF14をプレイまとめと各グラボでのフレームレートを比較

GTX 1660 Tiの性能だとFHD(1920×1080)、ウルトラワイドモニターまでならありです

ただし個人的にはGTX 1660 TiではFHD(1920×1080)まで、ウルトラワイドや4Kでプレイしたいならもっと上のグラボを選ぶべきだと思います

えんおう
プレイ出来ないとは言わないけど、その上のグラボでプレイしている人から見るとフレームレートの低さが気になります

 FF14:各グラボ別フレームレート比較

FF14最高品質グラボ別フレームレート

フルHD

RTX2080Ti
151fps
RTX2070SUPER
120fps
GTX1660Ti
89fps
GTX1650
64fps
ウルトラワイドUWQHD(3440×1440)
RTX2080Ti
105fps
RTX2070SUPER
83fps
GTX1660Ti
54fps
GTX1650
30fps
4K(3840×2160)
RTX2080Ti
72fps
RTX2070SUPER
56fps
GTX1660Ti
34fps
GTX1650
13fps
まとめ
  • フルHDはGTX1650以上がお勧め
  • ウルトラワイドはGTX1660Tiでやや快適、RTX2070SUPERだと快適
  • 4KはRTX2070SUPERでやや快適、RTX2080Tiで快適

えんおう

えんおう

FF14は自分のプレイしたいモニター(解像度)で選ぶべきグラボが変わってきますね

PC版モンハンワールド:GeForce GTX 1660 Tiでフレームレートを検証(4K,UWQHD,FHD)

モンスターハンターワールドはもはや有名すぎて説明はいりませんね

PS4とPC版ではローディングの速さやフレームレート、画質が全然違うのでPC版の方がより快適にプレイすることが出来ます

何よりPC版のモンハンはMODを入れて楽しむことが出来ます

しかしモンハンワールドは要求スペックが高いので快適プレイにはミドルクラス以上のグラボが必要です

モンハンワールドのグラフィック設定は大きく分けて

  • 最高

があります

最高

正直スクショだといまいち違いが判りませんが、実際にプレイすると結構違います

各設定の画質比較(動画)

モンハンワールドFHD(1920×1080)のフレームレート

 フレームレート平均
101~115 fps108
83~99 fps91
77~88 fps82
最高68~73 fps71

グラフィック設定が低でも最高でもそこまで開きがないのは驚きました

FHD(1920×1080)の解像度なら最高設定でも60以上を保つことが出来るので快適なハンターライフを送ることが出来ます

えんおう
PS4は最大60FPSなのでそれを上回っています
[kanren id=”13596″]

モンハンワールドUWQHD(3440×1440)のフレームレート

 フレームレート平均
98〜112 fps105
48〜50 fps49
43~48 fps45
最高34~36 fps35

普段見慣れていないウルトラワイドモニターでの狩猟は迫力があって面白いですが

GTX 1660 Tiだと中設定以上は大きくフレームレートが下がってしまいます

えんおう
ウルトラワイドでプレイするには少しスペック不足感が否めないです

モンハンワールド4K(3840×2160)のフレームレート

 

 フレームレート平均
71~80 fps75
35~40 fps37
30~35 fps32
最高20〜22 fps21

4K解像度だと低なら60FPSで前後出ますが、4K解像度で低設定でプレイするってのは矛盾しているような…勿体ないような…

GTX 1660 Tiで4Kは厳しいのでもう少し上のグラボが欲しいです

GTX 1660 Tiでモンハンワールドをプレイまとめと各グラボのフレームレート比較

GTX 1660 Tiの性能だとFHD(1920×1080)なら最高設定でもかなり快適にプレイ出来ます

ウルトラワイドモニターや4Kモニターででは少し厳しいのでそれ等でプレイしたい場合はもう少しハイエンドなグラボが必要です

モンハンワールド各グラボ別フレームレート

モンハンワールド最高品質グラボ別フレームレート

フルHD

RTX2080Ti
134fps
RTX2070SUPER
90fps
GTX1660Ti
71fps
GTX1650
41fps
ウルトラワイド
RTX2080Ti
99fps
RTX2070SUPER
82fps
GTX1660Ti
35fps
GTX1650
18fps
4K
RTX2080Ti
66fps
RTX2070SUPER
53fps
GTX1660Ti
21fps
GTX1650
9fps
モンハンワールドまとめ
  • フルHDで快適プレイはGTX1660Ti以上がお勧め
  • ウルトラワイドで快適プレイはRTX2070SUPER以上がお勧め
  • 4KはRTX2070SUPERでやや快適、RTX2080Tiで快適
メロウ
PC版のモンハンはGTX1650では現実的ではないです

Apex Legends:GeForce GTX 1660 Tiでフレームレートを検証(FHD)

Apex Legendsはもっともスタイリッシュなバトルロワイアルだと自分は思っています

動きが素早く体力が多いのでエイム力が非常に大事になるゲームで、フレームレートの高さがかなり重要になってくるゲームです

FPS,TPSは基本的に設定を下げてでもフレームレートを稼ぎたいゲームなので今回の検証に4kモニターやウルトラワイドモニターは省かせていただきました

えんおう
FPSは24インチのFHD(1920×1080)モニターが断然お勧め!

Apex LegendsFHD(1920×1080)のフレームレート

 フレームレート平均
103~150 fps126
103~130 fps117
80~90 fps85
管理人推奨設定(実践)80~120 fps100

Apex Legendsは敵の数や状況によりフレームレートが大きく動くので平均値を出すことは難しいです

管理人推奨設定でGTX1660tiの場合

  • 降下時:60fps前後
  • 戦闘時敵が多め 80fps前後
  • 敵が少なめ 90~110fps
  • 敵無し 130前後
えんおう
GTX 1660 TiとRTX2080Tiで比較しています

激戦区に降りた場合はフレームレートが100を下回りますが、落ち着いてくれば100前後をキープできるので比較的快適です

ただしどう頑張っても144hzには届かないので、もっとフレームレートを上げたい方はGTX1660ti以上のグラボを選びましょう

Apex Legends各グラボのフレームレート

Apex Legends グラボ別フレームレート

低設定

RTX2080Ti
210fps
RTX2070SUPER
190fps
GTX1660Ti
126fps
GTX1650
87fps
中設定
RTX2080Ti
210fps
RTX2070SUPER
167fps
GTX1660Ti
117fps
GTX1650
75fps
高設定
RTX2080Ti
185fps
RTX2070SUPER
150fps
GTX1660Ti
85fps
GTX1650
57fps
低設定高設定
RTX2080Ti210 185
RTX2070SUPER190150
GTX1660Ti12685
GTX16508757
APEXまとめ
  • 安定して144fps以上出したいならRTX2070SUPER以上がお勧め
  • 100fps以上欲しいならGTX1660Tiクラスのグラボが必要

フォートナイト:GeForce GTX 1660 Tiでフレームレートを検証(FHD)

フォートナイトは建築要素が加わったTPSのバトルロワイアルで世界中で人気です

一瞬の判断が大事なゲームになるので、画質よりフレームレートを優先したいゲームでもあります

フォートナイトFHD(1920×1080)のフレームレート

 フレームレート平均
250~320 fps285
250~310 fps280
150~175 fps162
最高94~110 fps102

設定を下げれば200fps以上を軽く超えてくるのでかなり快適にプレイ可能です

設定に関して低にすると流石に画質が悪くて敵が視認しづらくなるので中以上がお勧めです

えんおう
高でも144fpsは越えているので高でプレイしてもいいですね♪

フォートナイト各グラボでのフレームレート比較

フォートナイト グラボ別フレームレート

低設定

RTX2080Ti
316fps
RTX2070SUPER
290fps
GTX1660Ti
285fps
GTX1650
270fps
中設定

RTX2080Ti
290fps
RTX2070SUPER
270fps
GTX1660Ti
270fps
GTX1650
205fps
高設定

RTX2080Ti
200fps
RTX2070SUPER
140fps
GTX1660Ti
102fps
GTX1650
52fps
低設定最高設定
RTX2080Ti316200
RTX2070SUPER290140
GTX1660Ti285102
GTX165027059

PUBGライト:GeForce GTX 1660 Tiでフレームレートを検証(FHD)

PUBGライトは本家PUBGを軽くして低スペックPCでもプレイ出来るようにしたゲームです

兎に角軽いことが売りで、グラボを積んでいないノートPCでも何とか動いてしまうらしいです

動きがどちらかといえばスマホ版に近いので、スマホでプレイしたことがある人はイメージが湧きやすいかと思います

PUBGライトFHD(1920×1080)のフレームレート

 フレームレート
300 fps
300 fps
300 fps
最高300 fps

ドラム缶の影を見ると違いが分かりやすいです

最高

240fps以上を軽く超えてくるのでどんな設定でも快適です

えんおう
それにしても軽い

PUBG:GeForce GTX 1660 Tiでフレームレートを検証(FHD)

ネットゲームの火付け役になったといっても過言ではないPUBG

最近はPUBGライトの登場でプレイ人数が減っていますが、それでもまだまだ多くのプレイヤーが楽しんでいます

e-sportsとしても確立してきているゲームなので将来性はまだまだ高いです

ただしPUBGライトのように軽いゲームではないので、それなりのグラボが必要になります

PUBG FHD(1920×1080)のフレームレート

 フレームレート平均
最低130~170 fps155
100~132 fps116
99~124 fps112
93~110 fps101
最高72~84 fps78

草の描写を見ると違いが分かりやすいです

最低

最高

高設定までなら100fps以上出ます

設定を下げれば144fps以上出るのでGTX1660Tiがあれば十分快適にプレイ可能です

PUBG(本家)各グラボでの性能比較

最低品質最高品質
RTX2080Ti240203
RTX2070SUPER180122
GTX1660Ti15578
GTX165010548

レインボーシックス シージ(虹6):GeForce GTX 1660 Tiでフレームレートを検証(FHD)

戦略の高さと一瞬の判断が重要になるレインボーシックス シージ(虹6)

競技性も高く世界中に人気のFPSゲームです

当然フレームレートの高さは重要度が高いゲームなので、その点に関して妥協はしない方がいいです

レインボーシックス シージ(虹6)FHD(1920×1080)のフレームレート

 フレームレート
269 fps
227 fps
209 fps
超高197 fps
最高184 fps


超高

最高

最高設定でも144fpsを遥かに超えてくるので、GTX 1660 Tiでプレイしてフレームレートの面に関して不利になることはまずないでしょう

設定を下げれば200fps以上狙えるので、リフレッシュレート240hzに対応したモニターでプレイすることが可能です

えんおう
fpsとしては比較的軽い部類のゲーム

虹6シージ各グラボでのフレームレート比較

低品質最高品質
RTX2080Ti353282
RTX2070SUPER329251
GTX1660Ti269184
GTX1650210126

Call of Duty: Modern Warfare GeForce GTX1660Tiでフレームレートを検証(FHD)

現代戦をテーマにシビアな戦闘を楽しめるCall of Duty: Modern Warfare

Call of Duty: Modern WarfareFHD(1920×1080)のフレームレート

 フレームレート平均
最低130~154 fps142
130~150 fps140
通常130~150 fps140
120~150 fps135
最高65~77 fps72

最低

最高

設定をある程度上げても100fps以上は安定して出せるので快適にプレイ可能です

CODはレイトレーシングに対応していますが、GTX1660Tiは対応していないので、超高品質でのプレイは出来ません

・・・がレイトレを使用するとフレームレートの低下に繋がるので、個人的にcodではなくてもいいと考えています

えんおう
実際レイトレ対応のRTX2080Tiでプレイしていますが、レイトレは切っています

CoD MW FHD(1920×1080)の各グラボのフレームレート

※レイトレーシングOFF

低品質高品質
RTX2080Ti255245
RTX2070SUPER182167
GTX1660Ti142135
GTX165010082

Call of Duty: WAR ZONE GeForce RTX2070SUPERでフレームレートを検証(FHD)

無料ゲームとして登場したCODのバトルロワイアル

1度倒されても1VS1で勝てば復活できる事やお金で装備を買うことが出来るなど今までと違ったバトロワを楽しめます

それゆえに1位を取るのが難しい

Call of Duty: WAR ZONE FHD(1920×1080)のフレームレート

 フレームレート平均
最低128~138 fps133
117~135 fps126
通常117~128 fps123
103~123 fps113
高+レイトレ83~94 fps88

マップが広くプレイ人数が最大150人なのでフレームレートがあまり安定しませんが、それでも100fps以上は安定して出せます

こちらもレイトレーシングに対応したグラボならより高品質の画面でプレイ出来ますが、GTX1660Tiは対応していません

Call of Duty: WAR ZONE各グラボ別フレームレート

※最高: レイトレ、シャドウ品質ウルトラ 等 全て最高設定にして計測してます

低品質最高品質
RTX2080Ti188162
RTX2070SUPER181135
GTX1660Ti13388
GTX16507935

PC版ドラクエXオンライン:GeForce GTX 1660 Tiでフレームレートを検証(4K,UWQHD,FHD)

ドラゴンクエストシリーズのオンラインゲームドラクエXオンライン

ドラクエの世界観を楽しみながら様々なハードウェアで楽しめるので人気があります

比較的軽い部類のゲームなのでGeForce GTX 1660 Tiで問題ないでしょう

ドラクエXオンラインのフレームレート

 ベンチマーク結果フレームレート(平均)
フルHDすごく快適200 fps
4Kすごく快適140 fps

ドラクエXはウルトラワイドに対応していないようです

えんおう
検証結果を知りたいゲームをタップすればそこまで飛びます↓↑

しかし4kでも140fps出ているのでかなり快適にプレイ可能です

GeForce GTX 1660 Tiの性能(フレームレート) まとめ

GTX 1660 Tiの性能ならフルHD(1920×1080)の環境ならほとんどのゲームが快適にプレイ出来ます

ウルトラワイドモニターや4Kでプレイしようとするとゲームによっては厳しいので注意が必要です

総合的に見てもかなり優秀で価格も抑えられているのでコストパフォーマンスが高いのでかなりお勧めできるグラフィックボードです

GTX 1660 Tiお勧めグラフィックボード

グラボを選ぶ際の注意する点は

  • グラボのサイズ(ケースとの干渉)
  • 接続方式(大概PCI Express 3.0 x16)
  • スロット占有数(大概2スロット)
  • 補助電源の有無や種類
  • モニター出力(自分のモニター環境と相談)

[/list]

えんおう
安ければいいという訳では無いので注意

NE6166TS18J9-161F (GeForce GTX1660Ti STORMX OC 6GB)

サイズ168×122×40mm(縦 横 幅)
モニター出力Dual-Link DVI×1 / HDMI2.0b×1 / DisplayPort1.4×1
接続PCI Express 3.0 x16
補助電源8ピン×1
冷却ファン空冷ファン
2スロット占有
メモリ容量6GB
メモリ種類GDDR6
メモリバス幅192bit
メモリスピード12Gbps
コアクロック1500MHz(ベースクロック) / 1815MHz(ブーストクロック)

Palitのグラフィックボード

サイズが小さくケースとの干渉を気にする必要が無い点がいいポイント

何より値段がかなり安い

懸念点はモニター出力がDual-Link DVI×1 / HDMI2.0b×1 / DisplayPort1.4×1とかなり少ないのでマルチモニターなどモニターを増やそうと考えている方は検討した方がいい

MSI GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G VD6892

サイズ247 x 127 x 46mm(縦 横 幅)
モニター出力DisplayPort(1.4a) x 3/HDMI(2.0b) x 1
接続PCI Express 3.0 x16
補助電源8ピン×1
冷却ファン空冷ファン
2スロット占有
メモリ容量6GB
メモリ種類GDDR6
メモリバス幅192bit
メモリスピード12Gbps

msiから出ているグラボで値段こそ少し高いものの、モニター出力がDisplayPort(1.4a) x 3/HDMI(2.0b) x 1とかなり優秀

4画面まで対応しているのでマルチモニターには最適である

ファンが2つ付いていて横長のモデルなのでミニケースなどには干渉する可能性があるのでサイズは要チェック

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 Ti 6GB GDDR6 VD6900 ZTGTX1660TI-6GB

サイズ145 x 111 x 35.mm(縦 横 幅)
モニター出力DisplayPort(1.4a) x 3/HDMI(2.0b) x 1
接続PCI Express 3.0 x16
補助電源8ピン×1
冷却ファン空冷ファン
2スロット占有
メモリ容量6GB
メモリ種類GDDR6
メモリバス幅192bit
メモリスピード12Gbps
コアクロック1500MHz(ベースクロック) / 1770MHz(ブーストクロック)

ZOTACから出ているグラフィックボードでこちらもモニター出力がDisplayPort(1.4a) x 3/HDMI(2.0b) x 1とかなり優秀

またサイズが比較的小さいというのもポイントです

小さいケースがいいけどモニター出力がたくさん欲しいという方にお勧めのグラボです


GTX 1660 Ti搭載お勧めBTOパソコン

GTX 1660 Tiを搭載したBTOパソコンを紹介していきますが、最近ではGTX 1660 Tiより少し下の性能のGTX 1660SUPPERを搭載したBTOが増えてきているので合わせて紹介していきます

 スコア
RTX 2080Ti12388
GTX 1660 Ti6105
GTX 1660SUPPER6000
GTX 16605401

LEVEL-M046-iX4F-RJS(GTX1660SUPER)

CPUCore i5-10400F
グラボGeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500TB NVMe SSD

パソコン工房から販売されているゲーミングBTOパソコンLEVEL∞のGTX 1660 SUPER搭載モデルLEVEL-M046-iX4F-RJSです

CPUを最新の第10世代のCore i5-10400Fを採用しており、価格を抑えつつもGTX 1660 SUPERの足枷とならない十分な性能を持ったCPUです

GTX 1660 SUPERのモデルはメモリや容量が小さくなりがちですがメモリが16GB SSDもM.2規格のNVMeSSDを500GBで搭載しているのでPCゲーマにとって必要なスペックを持っています

値段もかなり安くGTX 1660 SUPER搭載モデルの中でかなりお勧めできるBTOパソコンです

FRONTIER GH SERIES FRGHZ490SG1(GTX1660SUPER)

CPUIntel Core i5-10400
グラボGeForce GTX1660SUPER
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD500GB NVMe SSD / 2TB HDD

FRONTIERから出ているGTX1660SUPER搭載のBTOパソコンです

CPUに最新第10世代のインテル® Core i5-10400を搭載していてGTX1660SUPERには十分な性能のCPUです

CPU種類コア数スレッド数定格クロック
Core i9-9900K8164.00GHz
Core i7-10700K 8163.80GHz
Core i7-9700K883.60GHz
Ryzen7 3700X8163.60GHz
Core i5-104006122.90GHz

メモリがこのスペックのPCだと大概8GBなのですが16GBあるのでゲームプレイでメモリで重くなる心配は全くないです

また容量も500GBと申し分もなく、電源も850wあるので今後の拡張にも十分対応できるパソコンです

今後の拡張性を求めるならこちらのBTPパソコンがお勧めです

G-Tune PM-A-1660S(GTX1660SUPER)

CPUAMD Ryzen™ 7 3700X
グラボGeForce GTX1660SUPER
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD/HD256GB NVMe SSD / 1TB HDD

マウスコンピューターから出ているGTX1660SUPERを搭載したG-Tune PM-B

CPUにAMDのRyzen7 3700Xを採用していて性能が高いのでGTX1660SUPERが生かしきれないということはまずありえません

メモリは16GBあるので十分ですね

SSDの容量が256GBと複数のゲームを入れると少し容量がきつく感じますが、不安なら500GBや1TBにするのもお勧めです。購入時に約5,000円でカスタマイズ出来ます

現状フルHD環境下でゲームをする分にはGTX1660SUPERがあれば十分快適にプレイ出来るので、かなりお勧め出来るBTOパソコンです

G-Tune PM-B(GTX1660SUPER)

CPUインテル® Core™ i7-9700
グラボGeForce GTX1660SUPER
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD/HD256GB NVMe SSD / 1TB HDD

マウスコンピューターから出ているGTX1660SUPERを搭載したG-Tune PM-B

兎に角、価格を抑えたい方にお勧めのモデルです。(本当に安い!!)

安いとは言ってもCPUにIntelCore™ i7-9700を採用していてGTX1660SUPERでのボトルネックの心配はありません

メモリは8GBでGTX1660SUPERでプレイするには十分です

SSDの容量が256GBと複数のゲームを入れると少し容量がきつく感じますが、不安なら500GBにするのもお勧めです。購入時に約5,000円でカスタマイズ出来ます

電源の容量が500Wなので今後RTX3080など高スペックなグラボに変更するには電源が明らかに足りないので、張という意味では少し厳しいです

現状フルHD環境下でゲームをする分にはGTX1660SUPERがあれば十分快適にプレイ出来るので、予算を抑えてPCゲームをプレイしたい方にかなりお勧め出来るBTOパソコンです

グラボGeForce GTX 1660 Tiの性能を各ゲームで検証 最後に!

今回はGeForce GTX 1660 Tiの性能について検証解説していきましたが、3万円程度買えるグラフィックボードでここまで優秀な結果が出るとは思いませんでした

私自身RTX2080tiを使っていますが、値段が安くても12万円します・・・

価格は4倍くらい差があるのに性能差はせいぜい1.5倍くらいしか変わらないので如何にGTX 1660 Tiが優秀か分かるかと思います

フルHD環境下では不満が出ることのないいい性能を持ったグラボですので是非検討して見て下さい

では良いPCゲームライフを

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA