【CoD:MW】お勧めのゲーミングPCを紹介!144fps以上安定

7 min
【CoD:MW】お勧めのゲーミングPCを紹介!144fps以上安定

こんにちは!漆黒のPCゲーマーのえんおうです

今回紹介するのは人気FPSゲームCALL OF DUTY, MODERN WARFAREを快適出来るお勧めのゲーミングPCについてです

CoD:MWはPS4とクロスマッチングが出来るので、友達とも一緒にプレイしやすくPS4からPCに移行するのに最適なゲームかと思います

PC版のCoDはPS4よりグラフィックのクオリティーが高く何よりフレームレートがかなり高く出すことが出来るので、それだけでPS4プレイヤーよりかなり有利になります

フレームレートとは

フレームレートとは1秒間に何個の描写(絵)が映し出されているかの数値です

パラパラ漫画をイメージして貰えれば分かりやすいです

フレームレートはPS4では最大でも60fpsが限界でしたが、PC版では200fps以上出すことが可能です

メロウ
1秒間に60コマと200個までは見える情報量が段違いです

フレームレートが高いとそれだけ動かした際の情報量が多く有利なので、COD:MWでも最低100fps以上は欲しい所です

それにはそこそこのグラフィックボードの性能が必要になるのですが、初心者の方は分からないかと思いますので、

COD:MWのグラボ別のフレームレートを紹介しつつお勧めのゲーミングPCを紹介するので参考にして下しさい

CALL OF DUTY, MODERN WARFAREのお勧めのゲーミングPCを解説|推奨スペックの紹介や比較

CALL OF DUTY, MODERN WARFAREのお勧めのゲーミングPCを解説|推奨スペックの紹介や比較

CALL OF DUTY, MODERN WARFAREの公式の推奨スペック

  最低動作スペック  推奨スペック
OS Windows7//10 64bit
CPU Intel® Core i3-4340/AMD FX-6300 ntel® Core i5-2500K/AMD Ryzen R5 1600X
メモリ 8GB 12GB
グラフィックボード GTX 670 /GTX 1650 GTX 970 / GTX 1660
SSD/HDD必要容量 175GB 175GB

最新のゲームだけあって要求スペックは結構高いです

これを元に各パーツの解説をしていきます

CPUについて

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2020y04m18d_010707266.jpg

CoD:MWの推奨のCPUはCore i5-2500Kはかなり古いCPUなので今回紹介するゲーミングPCでは大幅に性能が上回っているので問題ありません

CPUスコア
Core i9-9900K1828
Core i7-9700K1586
Core i5-9600K1202
Core i3-9100777
Core i5-2500K571

ドスパラ公式サイトより参考

CPUの性能が低いとグラフィックボードとボトルネックが発生してグラフィックボードの性能を最大限生かせなくなるので注意が必要です

えんおう
今回紹介するゲーミングPCはボトルネックの起こらないバランスを選んでいるので安心してください

メモリについて

メモリの画像

CoD:MWの推奨メモリは12GBです

大体のゲームは推奨が8GBってことが多いですが、超えてきましたね

なのでメモリは16GBにしましょう!

えんおう
配信でもしない限りは32GBもいりません!16GBで十分です

グラフィックボードについて

PCゲームをやるうえで一番重要になるのがグラフィックボードの性能です

CoD:MWの推奨グラフィックボードはGTX 1660  ですがなかなかの性能です

グラフィックボードメモリスコア
RTX2080Ti11GB1270
RTX2080SUPER8GB1084
RTX2070SUPER8GB993
GTX1080Ti11GB909
RTX20808GB898
RTX20708GB871
RTX2060SUPER 6GB837
RTX20606GB747
GTX10808GB715
GTX1070Ti8GB660
GTX1660Ti6GB635
GTX10708GB594
GTX16606GB546
GTX10606GB441
GTX10603GB410
GTX16504GB366
GTX1050Ti2GB261
GTX10502GB231
GTX980Ti6GB566
GTX9804GB422
GTX9704GB352
GTX9602GB234
GTX9502GB202
GTX780Ti3GB376
GTX7803GB328
GTX7702GB271
GTX7602GB204
GTX6904GB441
GTX6802GB247
GTX6702GB220

※PC販売サイトドスパラの数値を参照

推奨スペックより性能の高いグラフィックボードを搭載したゲーミングPCを購入すれば問題ないですが

そのグラフィックボードがどの程度フレームレートが出るのか知っていた方がより安心して購入できるかと思います

そこで私自身が複数枚グラフィックボードを所持しているので実際にCOD:MWをプレイしてフレームレートを計測してみました

CoD:MWグラボ別フレームレート

スコア
RTX2080Ti1270
RTX2070SUPER993
GTX1660Ti635
GTX1650366
比較に使用したグラボ

上記のグラボを実際にCoD:MWでプレイして画質設定

  • 最低
  • 通常
  • 最高(レイトレ+その他も最大)

で各グラボ計測してみました

※レイトレはRTXシリーズしか機能しないのでGTXシリーズはレイトレをONにしても変わりません

CoD:MW フルHD(1920×1080)各グラボのフレームレート

最低設定

RTX2080Ti
255fps
RTX2070SUPER
182fps
GTX1660Ti
142fps
GTX1650
100fps
通常設定
RTX2080Ti
245fps
RTX2070SUPER
170fps
GTX1660Ti
140fps
GTX1650
88fps
最高設定
RTX2080Ti
190fps
RTX2070SUPER
106fps
GTX1660Ti
72fps
GTX1650
57fps
最低通常最高
RTX2080Ti255245190
RTX2070SUPER182170106
GTX1660Ti14214072
GTX16501008857

推奨グラボより少し低いGTX1650で低品質で100fpsが限界なので、推奨のGTX1660では少しフレームレートが物足りないです

GTX1660より1.3倍程度性能の高いGTX1660Tiでやっと140fpsなので、最低ラインはこのあたりでしょう

余裕をもって144fpsを安定させたいならRTX2070SUPERがお勧めです

各ゲームのグラボ別フレームレート

FPS,TPSゲーム

他のFPS,TPSグラボ別フレームレート 低設定

Apex Legends

RTX2080Ti
210fps
RTX2070SUPER
190fps
GTX1660Ti
126fps
GTX1650
87fps
虹6

RTX2080Ti
353fps
RTX2070SUPER
329fps
GTX1660Ti
269fps
GTX1650
210fps
PUBGライト
RTX2080Ti
300fps
RTX2070SUPER
300fps
GTX1660Ti
300fps
GTX1650
300fps
フォートナイト
RTX2080Ti
290fps
RTX2070SUPER
280fps
GTX1660Ti
280fps
GTX1650
205fps
CoD:MW
RTX2080Ti
255fps
RTX2070SUPER
182fps
GTX1660Ti
155fps
GTX1650
100fps
PUBG
RTX2080Ti
240fps
RTX2070SUPER
180fps
GTX1660Ti
155fps
GTX1650
105fps
CoD:WARZONE
RTX2080Ti
188fps
RTX2070SUPER
181fps
GTX1660Ti
133fps
GTX1650
79fps

※基本的に低品質のフレームレートです(フォートナイトだけ中)

その他のゲーム

他のゲームグラボ別フレームレート 低設定

FF14

RTX2080Ti
151fps
RTX2070SUPER
120fps
GTX1660Ti
89fps
GTX1650
64fps
黒い砂漠
RTX2080Ti
111fps
RTX2070SUPER
85fps
GTX1660Ti
82fps
GTX1650
46fps
モンハン
RTX2080Ti
134fps
RTX2070SUPER
104fps
GTX1660Ti
71fps
GTX1650
41fps

※FF14最高品質、モンハン最高品質、黒い砂漠リマスター品質

もっと詳しく知りたい方はグラボ別のフレームレートの記事を参考にして下さい

以上を参考にCoD:MWを快適にプレイ出来るBTOパソコンを紹介します

CoD:MWが快適にプレイ出来るお勧めのBTOパソコンを紹介

ガレリアXF(RTX2070SUPER搭載)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2020y04m18d_014514582.jpg
CPUCore i7-9700F
メモリ16GB
グラフィックボードRTX 2070 SUPER 8GB
SSD/HDD512GB NVMe SSD / 2TB HDD

ドスパラにて販売しているグラフィックボードRTX2070SUPERを搭載したBTOパソコン ガレリアXF

性能に関してはフルHD環境で不満が出るゲームはないでしょう

CoD:MWでは最高品質でも144fps以上安定させることが可能です

またウルトラワイドモニターや4K解像度でのプレイもゲーム次第では可能です

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3459-1024x768.jpg

さらにゲームをより美しく見せる為の機能リアルレイトレーシングに対応しているのはRTXシリーズだけですのでよりハイパフォーマンスなPCゲームを楽しみたい方にお勧めです

メモリもCPUも特に不満点もなく先を見越しても安心できるスペックのPC

ドスパラで売れ筋ランキング1位納得のBTOパソコンです

LEVEL-R040-i7K-TWA(RTX2070SUPER)

CPUCore i7-9700K
メモリ16GB
グラフィックボードRTX2070SUPER
SSD/HDD480GB SSD /2TBHDD

PC工房に販売しているBTOパソコンLEVEL∞(インフィニティ)のLEVEL-R040-i7K-TWA

こちらもRTX2070SUPERにIntelCore i7-9700Kを搭載しているモデルです

CoD:MWでは144fps以上を安定して出してプレイ可能です

その他のゲームにおいても不満が出ることはない性能のBTOパソコンです

2TBのHDDを搭載しているので容量は十分ですが、SSDがM.2規格ではないのでアップグレードでM.2規格のNVMe SSDにすることをお勧めします

ガレリアXT(GTX1660SUPER搭載)

CPUCore i7-9700F
メモリ16GB
グラフィックボードGTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
SSD/HDD512GB NVMe SSD / 1TB HDD

ドスパラにて販売しているグラフィックボードGTX1660SUPERを搭載したガレリアXT

CoD:MWでは低設定で140fps前後でプレイ可能です

またほとんどのゲームでフルHD(1920×1080)の解像度なら最高品質でも快適にプレイ出来ます

GTX1660SUPERはコスパも素晴らしいグラボですのでお勧めです

 価格(目安)スコアコスパ
RTX2080 Ti118,000円127092.9
RTX2080 SUPER72,000円108466.4
RTX2070 SUPER49,715円99350.0
RTX2060 SUPER44,865円83753.6
GTX1660 Ti26,758円63542.1
GTX1660 SUPPER24,436円62139.3
GTX166021,522円54639.4
GTX1050Ti10,891円26141.7

※コスパの数値は低いほどいい
※コスパの計算(価格/スコア)

また高速読み込み可能なm.2規格のSSDに1TBのHDDもついてくるので容量にかなり余裕があります

CPUのCore i7-9700は8コア8スレッドでクロック数が3.0GHZと文句なしの性能なのでCPUとグラボでのボトルネックもおこらないでしょう

ドスパラでかなり人気のBTOパソコンですのでお勧めです

NEXTGEAR-MICRO am560SA2 (GTX1660Ti搭載)

CPURyzen7 3700X
メモリ16GB
グラフィックボードGTX1660Ti
SSD/HDD512GB NVMe SSD 

マウスコンピューターにて販売しているG-TuneシリーズのNEXTGEAR-MICRO am560SA2

特徴としてCPUがAMD製のRyzen3700Xを搭載しています

CPUの性能面に関してですが、Ryzen7 3700XはCore i7-9700よりスレッド数が多くマルチスレッドにおいて遥かに優秀です

シングルスレッドに関してはCore i7-9700の方が高いですが、結局のところGTX1660Tiでゲームをプレイする分にはどちらでも大差はないです

CPU種類コア数スレッド数定格クロック
Core i9-9900K8164.00GHz
(127W)
Core i7-9700K883.60GHz
(95W)
Ryzen7 3700X8163.60GHz
(65W)

※PC販売サイトドスパラの数値を参照

AMD製のCPUのメリットはIntel製より価格が安いのでコストパフォーマンスがいい点です

グラフィックボードはGTX1660Tiを搭載しているのでフルHDの解像度ならどのゲームもほぼ快適にプレイ出来ます

M.2規格のSSDを採用しているので高速読み込みが可能ですが、容量が500GBなので不安な方は1TBにアップグレードするか、HDDを追加することを勧めます

ミドルエンドクラスのGTX1660Tiを使用していて値段を落としたいという方にお勧めのBTOパソコンです

ガレリアZZ(RTX2080Ti搭載)

CPUCore i9-9900K
メモリ16GB
グラフィックボードRTX 2080Ti 11GB
SSD/HDD1TB NVMe SSD / 

ドスパラにて販売しているグラフィックボードRTX2080Tiを搭載したBTOパソコン ガレリアZZ!管理人が現在使用しています

ハイエンドクラスのRTX2080TiにCPUがCore i9-9900Kとまさに超ハイエンドなBTOパソコンです

COD:MWでも圧巻の200fps以上を出すことが出来、他のゲームでも最高設定で高フレームレートをたたき出すことが出来ます

またウルトラワイドモニターや4K解像度で快適可能です

値段こそ高いですが、今後のゲームにも余裕をもって対応していけるゲーミングPCなので、一切の妥協をしたくない方にお勧めのBTOパソコンです

COD:MWお勧めゲーミングPC最後に!

今回はCoD:MWでのおすすめゲーミングPCを紹介していきました

CoDにいい点はやっぱりクロスプレイが出来ることです

PCゲームに慣れているとコントローラーでのエイムがやりにくくて、友達とPS4で遊んだ際上手く出来なくてもどかしいことが多かったです

かといってPC版に友達を誘っても、ハードルが高くてなかなか来れない・・・

Codはそんな悩みを解決してくれる素晴らしいゲームですので、是非あなたに合ったゲーミングPCを手に入れて楽しんでください

では!

関連記事