IQ充電対応ワイヤレスマウスHyperX Pulsefire Dart RGBをレビュー!かぶせ持ち最適なフィット感抜群なマウス

4 min
IQ充電対応ワイヤレスマウスHyperX Pulsefire Dart RGBをレビュー!

こんにちは!漆黒のPCゲーマーのえんおうです

今回はキングストンさんから出た最新ワイヤレスゲーミングマウスHyperXハイパーエックスPulsefireプルスファイヤ Dartダート RGBを購入しました

私自身ワイヤレスゲーミングマウスはロジクールのG502,スティールシリーズのRival650などを所持しているので、それ等との違いや実際に使用して感じたいい点や悪い点についてレビューしていきます

簡単にPulsefire Dartについて説明すると、大き目なマウスでRazerレイザー人気マウスDeathAdderデスアダーとサイズ感が似ています

えんおう
かぶせ持ちに相性抜群

ワイヤレスゲーミングマウスHyperX Pulsefire Dart RGBをレビュー!

ワイヤレスゲーミングマウスHyperX Pulsefire Dart RGBをレビュー!

 HyperX Pulsefire Dart RGB基本情報

始めに基本情報をロジクールのG502,スティールシリーズのRival650と一緒に掲載していきます

 Pulsefire DartRival 650G502WL
縦幅13.1mm13.11mm132mm
横幅6.5mm6.85mm75mm
高さ40mmくらい40mmくらい40mmくらい
重量111g121g調整可能115g調整可能
解像度16000dpi12000dpi16000dpi
最大PL1000Hz1000Hz 1000Hz
ボタン数7811
最大加速50g50g50g
最大スピード450IPS350IPS450 IPS
バッテリー50時間24時間60時間
価格約13000円約14500円約18000円

  • ワイヤレスマウスの中でも価格は安い
  • ボタンの数は少なめ
  • 重さは軽すぎず重すぎず
  • バッテリ使用時間はかなり長い

Pulsefire Dartは基本性能に関しては他のマウスにも引けを取らない高性能なスペックなので

  • 遅延が発生する
  • クリックしたのに反応しない


等の不満は一切出ることはありません

HyperX Pulsefire Dart RGB基本情報見ため紹介

入っているもの

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像


  • HyperX Pulsefire Dart RGB本体
  • 充電用USBコード
  • ワイヤレスUSBレシーバー
  • 説明書

上から

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

左右非対称の右手専用マウスです

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

サイドボタンが2つ

出っ張りが大きくクリック感が強いので誤入力がしづらいと感じました!

滑り止め用のクッションは少し弾力のあるものとなっています

通常のマウスは大概固いのでこういった素材で出来ているのは珍しいですね♪

えんおう
そこそこ弾力性があるので気になることはありません

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

同じく弾力のあるクッションがついています

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

USBで充電するときには前のジャックに刺します

裏側

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

後ろにスイッチがついています

Pulsefire DartはIQ充電に対応していて、QI充電機を持っていればコードレスで充電できます

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像
マウスの下側の部分を充電器に乗せる

私の持ってるASUSUウルトラワイドモニターがちょうどQI充電に対応していたので乗せてみました

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像
HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

ばっちり充電出来ますね

魔法陣充電器も対応してました

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

後ろ

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像


Pulsefire Dartは大きい形状が特徴的なマウスでRazerのDeathAdderデスアダーと似ています

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

同じくRazerの軽量マウスViperヴァイパーと比べると大きさの違いが分かりやすいです

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像
左からDeathAdder,Viper,Pulsefire Dart

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像
左からPulsefire Dart,ファイナルマウス

G502WL,Rival650と並べてみた

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像
HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

G502とは持ち味が違いますが、Rival650とは似てる感じです

重さ

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

重くはないが決して軽いわけではない

軽さを求めるなら

  • 69gのRazerのViper
  • 67gのGloriousグロリアスのModel O
  • 47gのFinalmouse Ultralight 2-CAPETOWN

がお勧めです

クリック部

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

クリック感は特に普通

ホイールに関しては他のゲーミングマウスと比べても抵抗(あたり)が弱い感じです

個人的にはもう少し抵抗感が欲しかったと思ってます

ちなみにPulsefire Dartはホイールを左に傾けることで別のショートカットキーとして使用できます

G502WLやRival650は左と右両方に対応しているんですけどね・・

充電やUSBレシーバー

USBレシーバーをUSBに刺すだけで2.4Gの遅延ほぼ無しのワイヤレス機能を使用することが出来ます

充電用のケーブルの先にUSBを差せる場所があるのでそこに刺すことでよりレシーバーとマウスの距離を縮めることが出来るので便利です

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

充電時にはこんな感じ↓(上手く説明できない)

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

USB充電機ってもしかしてただの延長ケーブルじゃないかな??って思ったのでPulsefire Dartの充電機にG502のレシーバーを差してみました

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

逆にG502の充電ケーブルにPulsefire Dartのレシーバーも差してみた

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

普通に使えます

結論ただの延長ケーブルですね!まあ使い勝手がいいのでありがたいです

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

見た目や機能に関してはこんな感じです

何回も言いますがとにかく形状が大きいのが特徴です

ここから実際にPulsefire Dartを使用して感じたいい点や悪い点を紹介していきます

ステマ無しHyperX Pulsefire Dart RGBを使用して感じたいい点や悪い点

ステマ無しHyperX Pulsefire Dart RGBを使用して感じたいい点や悪い点

HyperX Pulsefire Dart RGBを使用して感じたいい点

やはりこの形状はフィット感抜群

私自身がかぶせ持ちよりの持ち方をするのでPulsefire Dartは本当にフィット感が良くて使いやすいです

また私がマウスを選ぶ際に大事にしているのがマウスを持った際に小指がマウスパッドにつかないということを重要視しています

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像
小指がパッドに当たってしまうのは抵抗になってしまうので好きではない

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像
Razer Viper

Pulsefire Dartは余裕をもって浮いています

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像
HyperX Pulsefire Dart RGBは余裕がある

※これは完全に私の好みであって全員がそう感じることではないので注意!!

サイドボタンの配置や押圧加減はかなりいい

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

しっかり出っ張ていてそこそこの押圧が必要なので誤入力がしづらいです

これも好みの問題ですがRazerのViperのようなサイドボタンがあまり出ていないタイプは苦手です

Viperレビュー画像
えんおう
決してViperが悪いと言ってるわけではありません!

あくまで私は出っ張っている方が好きなだけです

滑りに関しても良好

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

エーペックスレジェンズで結構な時間使用して見ましたが、特別滑りに関して気になることはなかったので問題ありません

停止に関しても気になる点はありませんでした

HyperX Pulsefire Dart RGBを使用して感じた悪い点改善してほしい点

ホイールのあたりが弱い

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像

本当にささやかなことですが、ちょっとホイールのあたりが弱いので、例えば3回下に廻したいってとき結構難しいです

個人的に2回廻したのか3回廻したのか分からないです

せっかくならホイール右側も欲しかった

ホイールの左右入力に対応しているマウスって少ないのでそれだけで素晴らしいのですが、せっかくなら右側入力も付けて欲しかったです

欲を言うなら軽量化してほしい

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー画像
Finalmouse Ultralight 2-CAPETOWNの重さ

2019年は軽量化したゲーミングマウスが流行ってきているので、サイズが大きいから仕方ありませんが、軽量マウスに慣れると重く感じてしまいます

ソフトフェアがベータ版

HyperXの専用ソフトフェアがあるのですが、まだベータ版で大して設定が出来ません

これは今後解決すると思うのでしばらく様子見です

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー最後に

HyperX Pulsefire Dart RGBのレビュー

今回はHyperX Pulsefire Dart RGBをレビューしていきました

Pulsefire Dartは大きい形状でかぶせ持ちの人にはフィット感抜群でお勧めできるワイヤレスマウスです

今回あまり触れていませんが、ワイヤレス機能って思った以上に快適で、特に動きの激しいFPSなどをする時などはそれを実感します

有線はマウスバンジーを使用することでコードのウザさを軽減できますが、それでもワイヤレスの快適性に慣れてしまうと邪魔に感じてしまいます

ワイヤレスマウスの中でも価格が安いほうでコストパフォーマンスに優れたゲーミングマウスですので検討してみて下さい!!

では良いPCゲームライフを

レビューしているマウス
関連記事