【すっきりテンキーレス】おすすめのゲーミングキーボードを紹介!約10センチの横幅軽減が出来る!!

8 min
【すっきりテンキーレス】おすすめのゲーミングキーボードを紹介!約10センチの横幅軽減が出来る!!

冒頭文はいいからお勧めテンキーレスゲーミングキーボードを今すぐ見たい方は

↓タップ↓

こんにちは!漆黒のPCゲーマーのえんおうです

今回紹介するのはお勧めのテンキーレスゲーミングキーボードです

マウスを大きく振るPCゲームでは横幅の狭いテンキーレスが便利なのは言うまでもありませんね

テンキーレスとフルキーボードの大きさ比較

約9㎝~10㎝横幅が節約できます

ただしPCゲーム以外に普段使いにも使用する予定ならテンキー使えた方が便利なのでフルサイズキーボードでもいいと思います

ゲーミングキーボードといえば

  • イルミネーションがかっこいい
  • タップしたときの音が気持ちい


こういった認識があるかと思いますがそれだけではありません

  • 応答速度が速い
  • 耐久性が高い
  • 複数入力に対応している
  • キー1つ1つに細かい設定が出来る(マクロなど)
  • 便利なメディアコントロールがある
  • 自分好みのキーの軸を選べる

などなどゲームに限らず日常使いにもかなり使い勝手のいい機能が盛りだくさんです

ゲーミングキーボードの特徴

ゲーミングキーボードは1つ1つが独立したスイッチで作られているメカニカルキーボードタイプが一般です

メカニカルキーボードにはいろいろと種類があり

青軸赤軸なんて言葉聞いたことありませんか??

これはドイツ製のCHERRY社が開発したメカニカルスイッチのことで、多くのメーカーがこのスイッチを採用してキーボードを作っています

色によって打鍵音や押し込んだ際の反発力などがが違います

  • 赤軸
  • 青軸
  • 茶軸
  • 銀軸

 特徴
打鍵音が静か
打鍵音が大きく、反発力が強いので爽快感がある
青と赤の間
キーの反応深さ(アクチュエーションポイント)が浅いことが1番の特徴、打鍵音は静か

人気ゲーミングデバイスメーカRazerはCHERRY社の技術から独自に改良を加えたので、緑、オレンジ、黄色という軸があります


  • グリーン:青軸と似ている
  • イエロー:銀軸と似ている
  • オレンジ:緑と黄色の間

 グリーンオレンジイエロー
打鍵音大きい普通小さい
ストローク1.9mm1.9mm1.2mm
押圧50g45g45g

同じく有名デバイスメーカーのロジクールも独自のメカニカルスイッチRomer-G メカニカルスイッチを採用しています


  • リニア
  • タクタイル
  • クリッキー


の3種類あります

このようにメカニカルキーボードにもいろいろと種類があり、使い心地は個人の好みよって大きく変わります

実際の打鍵音や特徴をさらに知りたい方は【打鍵音動画有】メカニカルスイッチの色の違いを解説!の記事を参考にして下さい

日本語配列と英語配列がある

キーボード 日本語配列と英語配列

キーボードを買ううえで注意しなければいけないのが日本語配列なのか英語配列なのか
英語配列にした場合は

  • 左上の全角半角キーがない
  • スペース2個右のカタカナひらがな変換がない
  • エンターが横長


など決して日本語が打てないわけではないですが、日本語配列で慣れた人が使うとかなり使いづらさを感じます

ただしゲームメイン(WASD移動など)の場合はあまり気にならないので問題ありません

またテンキーレスキーボードは日本語配列の物が少なく選択肢が限られ気味です

えんおう
テンキーレスを欲しい方はゲームメインかと思いますので、個人的には英語配列でもありだと思います

今回は日本語配列と英語配列を分けて紹介するので参考にして下さい

【日本語配列】おすすめテンキーレスゲーミングキーボードを紹介!!

【日本語配列】おすすめテンキーレスゲーミングキーボード

SteelSeries Apex Pro TKL

SteelSeriesから出ているゲーミングキーボードApex Pro TKL

このキーボードの特徴はアクチュエーションポイントをキーごとに0.6~3.6mmに変えることが出来ます

キーはオリジナルスイッチOmniPoint Switchを使用しています

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像
 押圧AP
OmniPoint Switch45g0.4~3.6mm
Linear Optical Switch40g1.0mm
Cherry Mix銀軸45g1.2mm
Cherry Mix青軸60g2.0mm
Cherry Mix茶軸55g2.0mm
Cherry Mix赤軸45g2.0mm

普通のメカニカルスイッチは押し込むことで金属が触れ合い反応しますが

OmniPoint Switchは磁石の力で作動を検知している為、アクチュエーションポイントの調整が出来て、尚且つ早いレスポンスタイムを可能にしています(アナログホール効果磁気センサー)

 レスポンスタイム
OmniPoint Switch0.7ms
Cherry Mix5.0ms
標準なメカニカル6.0ms

これによりWASDをアクチュエーションポイント浅くし、誤入力をしたくないFキーやRキーを深めな3.6mmにしたりと自分好みにカスタマイズ出来ます

その他にもメディアキーがついていたり有機ELパネルがついていたりとここまで完璧なテンキーレスキーボードは今まで無かったって言えるほど、いい仕上がりをしています

イルミネーションもかなり綺麗です

迷ったらこれで間違いなしと言い切れるほどいいキーボードなのでお勧めです

Logicool G-Pro X G-PKB-002

Logicoolの最新ゲーミングキーボードG PRP X

このキーボードの凄いところは、メカニカルスイッチを取替られる点です

  • クリッキー(青)
  • リニア(赤)
  • タクタイル(茶)


を自分の好きなように設置できます

これによりよく使うWASDを軽い赤軸にして、誤入力を減らしたいキーを茶軸にしたり出来るのでまさにオリジナルキーボードが作れます

専用ソフトウェアの使い勝手もよくアンチゴースト機能なども搭載していて、まさにPCゲーマーに求める物をすべて持っているキーボードです

注意点として購入時メカニカルスイッチの選択肢がクリッキー(青軸)しかないので、赤軸や茶軸を使用したい方は別売りの商品が必要になります

詳しくはゲーミングキーボードLogicool G PRO X(G-PKB-002) のレビュー記事があるので参考にして下さい

Razer BlackWidow Lite JP Mercury White

RazerのBlackWidowシリーズのテンキーレスモデルとして登場したBlackWidow Lite

このキーボードは黒いキーボードもあるが、Mercury Whiteという白色のキーボードがあります

白色のキーに銀色のアルミフレームがお洒落でかっこいいです

機能的にはRazerオリジナルスイッチのオレンジ軸を採用していてCherry社の茶軸に近い打鍵感があります

一緒についてくる清音リングを付けることでより打鍵音を静かに出来るので、キーボードのカチャカチャ音が嫌な方にもお勧めです

白色デバイスを集めてみたい方にはかなりお勧めのキーボードです

HyperX Alloy Origins Core RGB

日本語配列に対応したHyperハイパーX Alloyアロイ Originsオリジンズ

自社オリジナルの赤軸スイッチは耐久性やアクチュエーションポイントがCHERRY社の赤軸より優れていて、さらにイルミネーションがかなり綺麗です

 押圧アクチュエーションポイント
CHERRYの赤軸45g2.0mm
HyperX赤軸45g1.8mm

取り外し可能なUSBケーブルはtypeCを採用していて、裏表のない接続のしやすいケーブルです

ソフトウェアも使いやすく、アンチゴースト機能などにも対応しているのでお勧めのゲーミングキーボードです

Corsair K65 RAPIDFIRE  RGB COMPACT

人気ゲーミングメーカーCorsairコルセアのK65というモデルです

CHERRY社のメカニカルスイッチを採用していて使い心地は抜群です

アクチュエーションポイント(押す深さ)が1.2mmとかなり浅い銀軸と赤軸キーボードががありますので、使いたい方を選ぶことが出来ます

K65はキーボードの上の方にマルチメディア専用キーがあるので、手軽に音量調節が出来るのでかなり便利です

また専用のソフトフェアでマクロ設定やアンチゴーストの設定も出来るので、テンキーレスキーボードとして完成度が高くお勧めのキーボードです

WASDキーを滑り止めのきいたカッコイイキーキャップがついてくることもいい点

銀軸

赤軸

DREVO ゲーミングキーボード BladeMaster Pro 91K Wireless

DREVOドレボという中国の大手メーカーのゲーミングキーボード

私が現在この青軸キーボードをゲーム用として使用しています

テンキーレスタイプで幅を取らないので使い勝手がいいです

またこのキーボードは

  • ワイヤレス
  • Bluetooth
  • 有線(USBtypeC)


の3つに対応しておりスマホやiPadなど様々なところで使用することが可能です

イルミネーションもケースの外枠も光るのでおしゃれできれいです

専用ソフトフェアで様々な設定が出来ますし、日本語配列なので個人的にお勧めのキーボードです

えんおう
青、赤、茶、銀軸から選択可能です
[kanren id=”16127″]

MSI Vigor GK70 CS JP ゲーミングキーボード

グラフィックボードを筆頭に様々なPCデバイスで有名なMSIから出たゲーミングキーボードです

キー軸はCherry社の銀軸を採用していて、アクチュエーションポイント(押す深さ)が低いのでまさにゲーム用らしいキー軸を選んでいます

マザーボードとグラフィックボードを直接設定できるホットキーが配置されていて、手軽に状態確認や設定が出来ます。この機能は他のキーボードにはついていないので、さすがMSIだと感じますね

ソフトフェアでマウロ設定やイルミネーション設定を細かく設定できるので、自分好みの配色パターンに変更可能です

滑り止めのきいたWASDキーキャップがついてきてカッコイイ見た目にもできるので、お勧めのキーボードです

銀軸

VARMILO メカニカルキーボード”桜”


VARMILOアミロから出ているキーボードで通称桜キーボード

見れば分かるかと思いますが、見た目が華やかで可愛らしいキーボードとなっています

また可愛いだけでなく、Cherry社のメカニカルスイッチとVARMILOアミロオリジナルスイッチ採用しているのですが

  • ローズ軸(VARMILOアミロオリジナル)
  • グリーン軸(VARMILOアミロオリジナル)


の5種類のメカニカルスイッチから好きなものを選べます

また上側の Fキーのないもっとコンパクトサイズのキーボードもあります

使い心地もよく、かなり人気のキーボードですのでお勧めです

※アマゾンでは赤軸と銀軸の桜キーボードしか売っておらず、また売り切れの可能性も高いです

ふもっふのお店なら好きな軸のメカニカルキーボードが買えますので、購入する際はふもっふの店がお勧めです

VARMILO メカニカルキーボード”パンダ”

VARMILOアミロから出ているキーボードで通称”パンダキーボード

キーボードに可愛いパンダや笹が書かれています

また何故かこのキーボードを買うとパンダのぬいぐるみもついてきます

メカニカルスイッチに関しては桜キーボードと同じで5種類から好きなものを選べます

桜キーボードと同じく特徴的なデザインでかなり人気の高いキーボードですのでお勧めです

VARMILO メカニカルキーボード”Sea Melody ”

またまたVARMILOアミロから出ているキーボード通称”Sea Melody

海をモチーフにしているキーボードで、スペースキーのところにクジラがいます

東プレ REALFORCE R2 テンキーレス 日本語配列 静電容量無接点方式

東プレのリアルフォースシリーズ!!ゲーム好きのみにならずキーボード好きな人には有名な商品

他のキーボードのメカニカルスイッチと違い静電容量無接点方式という方式を採用しています

『スコスコ』と独特なキーのタッチ音がして、好きな人は多いです

またキーのタッチのしやすさは格別で、一度使うと他のキーボードには戻れなくなるという人も多いです

値段が少し高いですが、買って後悔しないキーボードなので検討して見て下さい

ゲーミング向けのイルミネーションが光るキーボードとシンプルな作りのキーボードの2種類あるので気に入った方を選びましょう

【英語配列】おすすめテンキーレスゲーミングキーボードを紹介!!

【英語配列】おすすめテンキーレスゲーミングキーボード

Razer Huntsman Tournament Edition

RazerレイザーのゲーミングキーボードHuntsmanハンツマン Tournament Edition

このキーボードはオリジナルスイッチLinear Optical Switchを採用しており、アクチュエーションポイントがなんと1.0mmと普通の銀軸が1.2mmなのでそれよりも浅いです

押圧も40gと軽いので長時間プレイでの指の疲労感が少なく、まさにゲームに特化したキーボードです

デメリットとして少し打鍵音がうるさいのですが、それを差し置いても取り外し可能なUSBtypeCケーブルなどかなり使いやすいお勧めのキーボードです

Varmiloメカニカルキーボード Beijing Opera

中国の人気キーボードメーカーVARMILOアミロから出ているキーボードで通称”Beijing Opera

管理人が愛用しているキーボードでデザインが圧倒的にかっこいです

同じアミロのマウスパッドを使用するとよりお洒落なゲーミング環境に出来るのでお勧めです

管理人が愛用しているマウスパッド 鯉

VARMILOアミロの製品はデザインが可愛いものが多く、普通と違ったお洒落なゲーミングキーボードが欲しい方にお勧めのメーカーとなっています

VARMILO(アミロ)製品の購入は正規代理店ふもっふのお店にて購入することが出来ます

Varmilo 87 Koi ANSI Keyboard

またまたVARMILOアミロから出ているキーボード通称”鯉キーボード

赤いデザインが可愛くて人気のキーボードです

Ducky One 2 Mini

 


DuckyダッキーのキーボードDucky One 2

キーデザインが可愛くイルミネーションが綺麗なのでかなり人気があります

また60%サイズのキーボードはテンキーレスタイプよりサイズがコンパクトでマウスを振るPCゲームではかなり使い勝手がいいです

またCherry社製のキー軸から選べるので自分好みの軸を選べるのもおすすめポイント

  • 赤軸
  • 茶軸
  • シルバー軸
  • 静穏赤軸

など様々な軸があります(在庫によって有無があります)

詳しくはDucky One 2 Mini Pure White RGB 60%のレビュー記事があるので参考にして下さい

VARMILOアミロと同様キー軸を選んで買うことが出来るのはふもっふのお店だけなので購入する際はふもっふのお店で購入しましょう

e元素ゲーミングキーボード

中華勢キーボード

見た目のインパクトとテンキーの中でもさらにコンパクトにしたサイズが人気のキーボードです

横幅が31㎝(普通のテンキーは35㎝程度フルサイズは44㎝)

メカニカルスイッチは

  • 青軸
  • 赤軸
  • 茶軸


の3つから選べます

とは言ってもCherry社のメカニカルキーボードではなく類似品なので注意!!

値段も5000円と安くどんなもんなのか気になったので、赤軸のこのキーボードを買ってみたところ

イルミネーションも綺麗で使い心地も悪くなく結構いいものだと感じました

ただし、ソフトフェアが無くマクロ設定やキーの割り当てなどは出来ないので、そこが気にならない方にはお勧めのキーボードです

おすすめテンキーレスゲーミングキーボード 最後に

今回はお勧めのテンキーレスゲーミングキーボードを紹介していきました。

テンキーレスって場所を取らずスッキリしていてお勧めですが、何故かフルサイズキーボードに比べると種類が少ないです

ゲームをやるうえではテンキーはほぼ必要ないので、個人的にはテンキーレスキーボードをお勧めします

ではよいゲームPCライフを

フルサイズのゲーミングキーボードのおすすめはこちら

レビューしているキーボード 軸別お勧めキーボード
青軸キーボード青軸キーボード
赤軸キーボード赤軸キーボード
茶軸キーボード茶軸キーボード
銀軸キーボード銀軸キーボード
 
関連記事