SteelSeries Apex Pro TKLレビュー!使い勝手抜群のゲーミングキーボード!アクチュエーションポイントの変更が出来る

6 min
SteelSeries Apex Pro TKLレビュー!使い勝手抜群のゲーミングキーボード!アクチュエーションポイントの変更が出来る

こんにちは!!

今回はSteelSeriesから出た最新ゲーミングキーボードApex Pro TKL(テンキーレス)モデルを購入しましたのでレビューしていきます

テンキーレスじゃないApex Proの日本語配列はアマゾンで購入可能ですが、テンキーレスの日本語配列モデルは近日発売予定でまだ手に入れることが出来ません

※ついに販売開始しました

Apex Proの簡単な特徴としてSteelSeriesのオリジナルスイッチOmniPointスイッチを搭載していて、なんとこのスイッチアクチュエーションポイントが0.4mm~3.6mmまで調整が出来ます

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

こんな便利で面白そうなキーボード使って見たくなるのは必然ですよね

本当は日本語配列が欲しかったのですが、待ちきれなかったのでSteelSeries公式サイトにて英語配列のApex Proを購入しました

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

海外から遥々はるばる我が家まで輸入されてきました

早速使用して見ましたが、Apex Proはアクチュエーションポイントの変更が出来る以外にもかなり快適度の高い機能を搭載していて最高のキーボードだと実感しました

  • 有機ELディスプレイ
  • メディアキー(メタルローラー)
  • 追加USBポート
  • 便利なソフトフェア


などそんなSteelSeries Apex Pro TKLについて機能や実際に使用して見て感じたいい点悪い点についてレビューしていきます

アクチュエーションポイントの変更が出来るSteelSerie Apex Pro TKLのレビュー!

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

SteelSeries Apex Pro TKL見た目紹介

入っているもの

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像


  • Apex Pro TKL本体
  • 説明書
  • リストパッド

説明書は日本語での解説もありますので安心です

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

正面

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

幅は35.5㎝×13㎝

フルサイズキーボードが約44㎝×13㎝なので横幅が10㎝程度短く場所の節約になります

テンキーレスとしては一般的な大きさです

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像
上がApex Pro TKL 下がDREVO BladeMaster Pro

リストパッドはそこそこ強力な磁石で取り付けられます

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像
SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

リストパッドですが、固めな作りをしているのですが、触り心地がゴムっぽい感じです

えんおう
上手く説明できないけどなんか気持ちいい

右上には有機ELのディスプレイがあります

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像
えんおう
こんなことが出来ちゃうんですよね♪

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

キーの配置が反っていてタイピングしやすいような設計になっています

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

USB接続部

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

Apex Pro TKLは通常のUSB接続ともう一つ追加USBポートの二つケーブルがあります

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

Apex Pro TKLはキーボード本体とケーブルの取り外しは不可能です

えんおう
ケーブルは結構ごついです

裏側

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

裏側のフレームは航空宇宙産業で使用されるアルミ製で強度が高いみたいです

USBコードを3方向から選ぶことが出来るので、どんなゲーム環境でも対応できます

高さ調整は1段階で、約1cm上げること出来ます

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

滑り止めゴムは結構しっかりしたゴムがついていますので全然滑りません

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

重さ

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

重さは771gとキーボードとしては少し軽い部類です

DREVO BladeMaster Pro 974g

まどマギキーボード862g

っていってもキーボードで重さってあまり気にしなくていいと思います

Apex Pro TKLのOmniPointスイッチの打鍵音やアクチュエーションポイント

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像
 押圧AP
OmniPoint Switch45g0.4~3.6mm
Linear Optical Switch40g1.0mm
Cherry Mix銀軸45g1.2mm
Cherry Mix青軸60g2.0mm
Cherry Mix茶軸55g2.0mm
Cherry Mix赤軸45g2.0mm

普通のメカニカルスイッチは押し込むことで金属が触れ合い反応しますが

OmniPoint Switchは磁石の力で作動を検知している為、アクチュエーションポイントの調整が出来て

尚且つ早いレスポンスタイムを可能にしています(アナログホール効果磁気センサー)

 レスポンスタイム
OmniPoint Switch0.7ms
Cherry Mix5.0ms
標準なメカニカル6.0ms

これがOmniPoint Switchです↓↓

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像
SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

専用ソフトフェアーで特定のキーのアクチュエーションポイントを0.4~3.6mmのスパンで変更が出来ます

※ESCキーとF1~F12は普通のスイッチ(赤軸風)でアクチュエーションポイントの調整は出来ません

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

SteelSeries Apex Pro TKLの打鍵音(比較有)

Apex Pro TKLの打鍵音だけんおんやキーのタッチはCHERRY社の赤軸に似ています

その他のキーボードの打鍵音(比較用)

  1. Razer Huntsman TE
  2. HyperX Alloy Origins赤軸
  3. DREVO BladeMaster Pro青軸
  4. まどマギキーボード茶軸


の順番に打鍵音を鳴らしていきます

SteelSeries Apex Pro TKLアクチュエーションポイントについて解説

Apex Proは専用ソフトフェアーで特定のキーのアクチュエーションポイントを0.4~3.6mmのスパンで変更が出来ます

えんおう
十段階で調整できる
SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

アクチュエーションポイントの違いを説明した動画↓↓

Apex Pro TKL便利なメディアキー

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

Apex Proシリーズは右上にメディアキーが搭載されていてダイアルを回すことで音量調整、押すことでミュートに出来ます

またその下のボタンを押しことで音楽や動画の再生、停止が可能です

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

後は右下のスティールシリーズのマークを押しながらF9~F12を押すことで様々な設定がワンタッチで出来ます

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

有機ELディスプレイ

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

Apex Proは有機ELディスプレイに自由に画像を取り込むことが出来ます

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

直接書き込むことも可能

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

自分の画像フォルダーから取り込むことで

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

取り込めます!ただし白黒でドットなので絵は無理がありますね

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

文字なら綺麗に見せることが可能です

これを読み込ませる

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像
SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像


やり方はWordなどで文字を編集してPC画面の一部分をスクショできるツールを使用すれば出来ます

えんおう
スクショツールは調べればすぐに出てきます

Apex Proのイルミネーションについて

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

Apex Pro のイルミネーションですが、専用のソフトフェアで自由にカスタマイズ出来ることは勿論ですが発色に関してもかなり綺麗です

イルミネーションその他のキーボードと比較

  1. SteelSeries Apex Pro TKL
  2. Razer Huntsman TE
  3. DREVO BladeMaster Pro青軸
  4. HyperX Alloy Origins赤軸

この順番でイルミネーションを見せていきます

えんおう
数あるゲーミングキーボードの中でも相当綺麗です

見た目や機能はこのような感じです

ここからApex Proを実際に使用して分かったいい点や悪い点を解説していきます

SteelSeries Apex Pro TKLを実際に使用して分かったいい点

SteelSeries Apex Pro TKLを実際に使用して分かったいい点

オムニポイントスイッチは素晴らしい

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

Apex proの目玉であるアクチュエーションポイントをキーごとに変更できる機能だが、様々な調整が出来て便利です

  • ゲームをプレイする際は全体を浅めに設定して、その中でもWASDを0.4mm、誤入力しがちなEやR.Fなどを少し深めな設定にする
  • 日常使いでは文字入力の誤入力を減らす為に全体的に深めな設定にする


と様々な使い方が出来る為、Apex Pro1台でゲームにも日常使いにも貴方にあった最適な設定を実現できます

えんおう
ゲームでどのキーをどの深さにするか悩むのも楽しい♩

メディアキーが便利

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

ゲームやYouTubeなどを見ていると音量調節が必須になりますが、Apex Proは右上のメタルホイールで直ぐに調整が出来るので便利です

えんおう
個人的にキーボードにはこの機能が欲しい

キー入力の疲労感が少ない

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像


打鍵感が赤軸と似ていてクリック感が無く軽いタッチで押し込める為長時間プレイでも疲労感が少ないです

ソフトウェアが使いやすい

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像
SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

スティールシリーズ の専用ソフトウェアはEngine 3使いやすく

  • イルミネーションの設定
  • アクチュエーションポイントの変更
  • アンチゴースト機能の設定
  • プリセット登録


など説明書を見なくても感覚的に設定出来ます

また特定のゲームを起動したときにプリセットが2に変わるみたいな事も設定出来るので、自分でプリセットを変える必要がありません


  • PUBGではプリセット1
  • Fortniteではプリセット2
  • Apex Legendではプリセット3


といった感じで設定できます

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像
SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

追加USBポートが便利

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

Apex proは本体に追加のUSBポートがあるので、マウスやヘッドセットなどを取り付ける事が出来るので便利です

SteelSeries Apex Pro TKLを悪い点改善してほしい点

ケーブルがゴツい

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

USBポートと本体の電源用がある為、ケーブルが太く固く柔軟性が低いです

キーボード自体動かすものではないの気にならない方もいるかと思いますが、私は少し気になりました

また最近はキーボードとケーブルが外せるタイプの物も多いですが、Apex Proは取り外し不可能です

えんおう
USBtypeCを採用しているものは汎用性が高くて便利です

価格が高い

Apex proは価格が約2万円くらいします

テンキーレス キーボードでこの値段は少し高い気がします

えんおう
最近のキーボードは全部高いんですけどね

悪い点はこれくらいで致命的な欠点は無いに等しいのでかなりお勧めできるゲーミングキーボードです

Apex pro とG PRO Xとどっちがいい?

SteelSeries Apex Pro TKLのレビュー画像

同時期に発売されてロジクールのGPro Xこちらと悩む方もいるかと思いますので簡単に違いを解説します

ロジクールのGPRO Xはキースイッチごと交換する事が出来ます

なので場所毎に打鍵感を変えることが可能です

しかし変更可能な3つのスイッチはアクチュエーションポイントがほぼ同じ(リニアだけ1.9mm)なので変更出来ません

対するApex Proはアクチュエーションポイントは0.4〜3.6mmの変更は可能ですが、打鍵感に関してはあくまでも赤軸風なので変わることはありません

結論としてはこれは好みの問題です

えんおう
どちらも素晴らしい製品です

Logicool G PRO Xのレビュー記事のあるので参考にして下さい

Apex Pro TKLレビュー 最後に

Apex Pro TKLレビュー 最後に

キー毎にアクチュエーションポイントを変更出来る!と驚愕な機能を持って販売されたキーボード

やはり素晴らしい機能でした

またそれだけでなく

  • 手軽に調節出来るメディアキー
  • 追加USBポート
  • 綺麗なイルミネーション
  • 使いやすいソフトフェア


などゲーミングキーボードとして欲しい機能を全て搭載しているといっても過言ではありません

Apex Proは価格こそ少し高いですが、買って大満足なゲーミングキーボードでしたので是非検討してみて下さい

では良いPCライフを

レビューしているキーボード 軸別お勧めキーボード
青軸キーボード青軸キーボード
赤軸キーボード赤軸キーボード
茶軸キーボード茶軸キーボード
銀軸キーボード銀軸キーボード
 
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。