【2020年最新】PC向けおすすめのゲーミングイヤホンはコレだ!遮音性が高く音漏れが少ない

4 min
【2019年最新】PC向けおすすめのゲーミングイヤホンはコレだ!

冒頭文はいいからお勧めゲーミングイヤホンを今すぐ見たい方は

↓タップ↓

こんにちは!

漆黒のPCゲーマーのえんおうです

今回はPCゲームにおすすめなゲーミングイヤホンについて解説していきます

ヘッドホンと比べてイヤホンのいいところは、

  • 遮音性が高く音漏れもしない
  • その他のデバイス(スマホ)にも使用できる
  • ヘッドセットと違って耳が蒸れない
  • 髪の毛がつぶれない


こういったメリットがあります。

しかし音質に関してはスピーカーの大きいヘッドホンの有利です

それを差し置いても普段の生活をしていく中で遮音性は大事になってきますので1つは所有しておくべきです

今回は様々なポイントからお勧めできるゲーミングイヤホンを紹介していくので参考にして下さい

ゲーミングイヤホンを選ぶ際のポイント

ゲーミングイヤホンを選ぶ際に着目するポイントは

  • 音域(再生周波数帯域)
  • マイクの質
  • 装着感
  • 接続端子(USB?4極プラグ?)
  • 聞こえ方の特徴

です

音域(再生周波数帯域)

音域は10~20000Hzといった感じで表記され、低い数値が低音、高い数値が高音の出せる範囲になります

高音域の高いものはハイレゾ対応になりより細かな音を拾ってくれるようになります

高音域が20000Hz以上の物がお勧め

マイクの有無や質

ゲーミングイヤホンの中にはマイク機能が搭載されているものもあります

ただし基本的には性能自体はあまり良くないので、あまり期待しないようにしましょう

安定した声でボイスチャットがしたい際はヘッドセットを勧めます

装着感

PCゲームは長時間プレイする可能性もあるので、ゲーミングイヤホンを選ぶ中で装着感はかなり大事になってきます

フィット感の悪いイヤホンは耳が痛くなってなってきて長時間付けているのがつらいです

様々な形状のイヤホンがあるので確かめておきましょう

イヤーパッドの素材を変えることで痛みを和らげることも出来るので、ウレタン製の柔らかいイヤーパッドを購入するのも有効です

接続端子(USB?4極プラグ?)

入力がUSBなのか3極or4極タイプなのか

3極は音声のみ

4極タイプだったらそれ1つでマイクと音声の入力を使用することが可能です

2極3極の見た目の違い
上が3極、下が4極

USBタイプはiPhoneなどには使用できず汎用性は低いですが、PCに差すことでイコライザー設定が出来る物もありPC限定使用ならお勧めです

別売りアンプを通して聴きたい場合は3極、4極タイプの物が必要になりますので注意して下さい

聞こえ方の特徴

ゲーミング用のイヤホンは音がはっきり聞こえるような作りをしているので、ドンシャリ音の傾向にあります

その為通常の音楽用のイヤホンとは聞こえ方が違います

音楽用は頭の中で音が聞こえますが、ゲーム用は耳から聞こえてくる感じです

えんおう
個人的に音楽を聴く際はゲーミングイヤホンよりApple純正のイヤホンの方がいいと思いました

以上を踏まえてお勧めのゲーミングイヤホンを紹介していきます

遮音性抜群!おすすめのゲーミングイヤホンを紹介!

おすすめのゲーミングイヤホンを紹介!

Razer Hammerhead Duo

マイクの有無
接続方式4極3.5mm
周波数帯域20z~20000Hz

有名ゲーミングデバイスメーカーRazerレイザーHammerhead Duoハンマーヘッド デュオ

一世代前のHammerhead Pro V2よりフィット感が格段に良くなっており耳の痛みが少ないです

再生可能な周波数帯域20z~20000Hzと申し分なしです

音質に関しては高音が高めで低音がやや低いといった感じで、前作のPro V2よりバランスがいい音質になっているのでゲーム以外にも使っいけるイヤホンです

長時間プレイしても苦にならないいいフィット感を持ったイヤホンですのでお勧めです

Razer Hammerhead Pro V2

マイクの有無
接続方式4極3.5mm
周波数帯域20z~20000Hz

RazerレイザーHammerhead Pro ハンマーヘッド プロV2

Hammerhead Duoハンマーヘッド デュオの一世代前のイヤホンになりますが、意外に好んでこのイヤホンを選んでいる人が多いです

その理由はこのイヤホンはドンシャリ音(高音、低音が強く中音が弱い)が顕著けんちょで、音をぼやかす感じが無く、足音や定位感が非常に分かりやすいです

それがゆえに音楽など普段使いに関しては正直・・・・(あくまで個人的な意見です)

また装着感に関して結構耳が痛くなるので私は別売りのウレタンイヤーパッドに変えています

いい意味でも悪い意味でもゲーム特化のイヤホンなので、FPSやTPSなど相手の居場所を音で探るようなゲームをする方にはお勧めです

値段もDUOが出たおかげでかなり安くなっています

デザインもRazerらしい緑を使用していてかっこいいのでお勧めのゲーミングイヤホンです

XROUND AERO

マイクの有無
接続方式4極3.5mm
周波数帯域20z~40000Hz

XROUNDエックスラウンドAEROエアロ

このイヤホンの最大の特徴は再生可能な周波数帯域が最大40000Hzでハイレゾ音源に対応しています
ハイレゾとは

スタジオで録音したマスター音源に近い高解像度音楽データ。
CDでは再現できない細部までをきめ細かく記録した高音質データのことです。
ハイレゾ音源は、ハイレゾ対応プレーヤーで再生することで、
音量・音の太さ・繊細さ、空気感など、細部までの再現が可能になり、
スタジオで録音されたそのままにより近くリアルな高音質を楽しむことができます。
エレコム公式サイト ハイレゾ音源とは?から引用

音質に関してはこのイヤホンはドンシャリというよりはバランス重視の音質でゲームから音楽まで幅広く使用することが出来ます

スマホなど日常使いにも使用を考えている方にお勧めです

キングストンゲーミングイヤホンHyperX Cloud Earbuds HX-HSCEB-RD

マイクの有無
接続方式4極3.5mm
周波数帯域20z~20000Hz

有名デバイスメーカーキングストンのHyperX Cloud ハイパーエックス クラウドEarbuds

フィット感がよく20Hz~20000Hzの周波数帯域で申し分なしです

音質に関してはドンシャリが強く傾向でゲーム特化な性能になっています

ゲーミングイヤホンって大体1万前後するのですが、ハイパーエックスさんのこのイヤホンは5000円前後と安くコスパがいいのでお勧めです

SHURE イヤホン SE215

マイクの有無
接続方式4極3.5mm
周波数帯域20z~17500Hz

シュア掛けで有名なSHUREシュアのSE215

シュア掛けでフィット感抜群で遮音性がとにかく高く愛用している方が多いイヤホンです

私も使用していますが、『外の音が全然聞こえないし、ここまで音量上げても音漏れしないのか』って感じるほど遮音性が高いです

音質に関して低音がやや弱い感じもありますが、フラットな音質でクリアなので音楽からゲームまで幅広く使用できます

イヤホンコートが外せる仕様でリケーブルが出来るので万が一切れてしまった際は交換が出来るので長く使用することが出来ます

シュア掛けってコツがいて最初は難しく感じるかもしれませんが、遮音性や装着感が抜群にいいのでお勧めのイヤホンです

ゼンハイザー IE 40 PRO

マイクの有無
接続方式4極3.5mm
周波数帯域20z~18000Hz

有名オーディオメーカーのゼンハイザーのイヤホンIE 40 PRO

こちらのイヤホンもシュア掛けで使用するのでフィット感や遮音性が高いです

音質は低音が迫力があり高音もよく聞こえ幅広い音源を拾ってきてくれます。

それでいて耳に刺さるような音はなりません

ゲーム用だけでなく音楽鑑賞としても使えるイヤホンなのでお勧めです(むしろ音楽鑑賞の方がメインかな)

おすすめのゲーミングイヤホン 最後に

おすすめのゲーミングイヤホンを紹介

今回はお勧めのゲーミングイヤホンについて紹介していきました

音の聞こえ方や感じ方あって人によってかなり差があるので、自分には良くても他の人には良くないということがあります

ゲーミングイヤホンはどちらかといえばドンシャリ音よりの傾向にあるので、慣れていない方は

何この音??音質よくない!!

と感じるかもしれません

でもゲーム用は音1つ1つを正確に読み取ろうとする為、変に音をぼかしていないのです

その為定位感が分かりやすくゲームを有利に進めることが出来ます

イヤホンはヘッドホンとは違った良さがありますんで是非あなたに合ったイヤホンを見つけて下さいね

では!良いPCゲームライフを

おすすめのゲーミングヘッドセットはこちら

レビューしているヘッドセット

関連記事